【ローバーミニのオートマ車】乗るなら大事にしたほうがいいポイント

あなたは「ローバーミニのオートマ車に乗りたいけど、マニュアル車よりも手間がかかるのかな…」と思ったことはありませんか。

ローバーミニは世界初のオートマ車として販売されたので、マニュアル車よりも難しい構造をしていて、強度の弱い部分があることはたしかです。

まだ、オートマ車としても故障の多い車両ですが、ちょっとしたコツで長く乗れる車でもありますよ。

今回はそんな「ローバーミニのオートマ車を大切に乗るうえでのポイント」を徹底解説しています。

この記事を読むことで、ローバーミニのオートマ車をより大事に乗れることでしょう。最後まで読み進めてくださいね。

ローバーミニのオートマ車が壊れるって噂は本当なの?

車内, ギアセレクター, ギアのシフト, 黒い車, 黒内装
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/18/12/50/car-interior-1834270__340.jpg

「ローバーミニのオートマ車が壊れやすい」または「メンテナンスに手間がかかるクルマ」と言う噂を耳にしたことはありませんか。

なぜ、「壊れやすいクルマ」という噂がでているかというと、ローバーミニのオートマ車が壊れかかっている状態で売りに出されているものが多いからです。

巷では、部品点数の多いオートマ車をきちんと整備しない業者や個人が売買したものを買ってしまう方もいますよ。

しかし、逆を言えば、きちんとしたメンテナンスとドライビングの仕方で、街乗りや高速乗りもトラブルなく運転できます。

そんなメンテナンスと乗り方について次の章でお伝えしていきますので、読み進めてくださいね。

【全国】ローバーミニのおすすめな専門店を厳選して7つ紹介

ローバーミニのオートマ車を大切にできる5つのドライビングポイント

駆動, 車, ナビゲーション, 速度, 車の運転, 道路, ドライブ, 車両
https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/09/18/24/driving-2732934__340.jpg

ローバーミニのオートマ車は運転の仕方で、より長く乗り続けることが出来ますよ。

次に紹介する5つのドライビングポイントを参考にしてみてくださいね。

  1. ① エンジン始動・停止はNレンジ
  2. ② 暖機運転は必ず行う
  3. ③ 前進・後退の切り替えはクルマが完全に停車してから
  4. ④ 信号を待つときはDレンジのままにする
  5. ⑤ キックダウンはなるべく控える

① エンジン始動・停止はNレンジ

始まり, スタート, 車, 自動, 車両, クルクル回します, エンジン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/28/22/32/engine-1167082__340.jpg

ローバーミニのオートマ車は必ず、エンジン始動・停止はN(ニュートラル)レンジで行いましょう。

なぜなら、ローバーミニのオートマ車のシフトセレクターは「P・R・1・2・3・D」の順番です。

エンジン始動・停止のときにパーキングレンジにしておくと、R(リバース)レンジを経由する形になりますよ。

そして、リバースレンジにシフトするとエンジン・ミッション内で高い油圧がかかってしまい、機械内部へ大きな負担がかかってしまいます。

ローバーミニのオートマ車を長く乗るには、「エンジン始動・停止はニュートラルレンジ」でシフトして、エンジン・ミッション内部に無駄な負荷を与えないようにしましょう。

② 暖機運転は必ず行う

排気, 排気ガス, ディーゼル, チューブ, 車両, 車, モーター, 自動車
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/07/14/20/49/exhaust-3538388__340.jpg

ローバーミニのオートマ車は、エンジン・ミッション内部のオイルの潤滑をよくするために「暖機運転」を必ず行う必要がありますよ。

暖機運転はニュートラルレンジでエンジン始動した後に、約10分間待つことで十分な油温にできます。

ローバーミニのオートマ車は暖機運転を行わないと、変速時に大きなショックが出てしまい、エンジン・ミッション内部を傷めてしまいますよ。

暖機運転を行うことで、エンジン・ミッション内部を守るだけでなく、燃費向上やスムーズな変速を行えるメリットがあるので、必ず行ってくださいね。

暖機運転って燃費悪くなる?

③ 前進・後退の切り替えはクルマが停車してから

エアコン, 自動, 自動車, ベンツ, 車, 車内, 古典的な, デザイン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/19/11/51/air-conditioner-1838856__340.jpg

ローバーミニのオートマ車はクルマが確実に止まってから、前進・後退のシフトチェンジを行いましょう。

オートマ車のシフトセレクターはロック機構がないため、少ない力で簡単にシフトチェンジが行えてしまいます。

例えば、狭い路地や駐車などのシフトの切り替えが多くなる場面で、停車せずに動いたままシフトチェンジを行ったとします。

そうすると、高い油圧が必要になるリバースレンジに切り替えたときに、油圧機構に通常よりも大きな負担がかかってしまい、ミッションを故障させてしまうかもしれません。

コンパクトなクルマで軽快に動かしたい衝動に駆られるかもしれませんが、大事に長く乗るなら落ち着いて必ず停車したのを確認してからシフトチェンジを行ってくださいね。

④ 信号で待つときはDレンジから変えない

信号, 赤, 停止, 光信号, 交通信号機
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/01/11/18/03/traffic-lights-242323__340.jpg

ローバーミニのオートマ車は、信号待ちの足休めのために、頻繁にシフトチェンジを行わないほうが良いでしょう。

なぜなら、頻繁にシフトチェンジすることで、ミッション内部の動力を伝える軸に負担がかかってしまいます。

ミッションの軸に大きな負担がかかってしまうと、トランスミッションの不調の原因になってしまうかもしれませんよ。

ローバーミニのオートマ車の構造上、すぐに対応できる整備士さんは少ないので、丁寧な乗り方で大事にしてくださいね。

⑤ キックダウンをするのは控えよう

アクセル ペダル, クラッチ ペダル, クラッチ, ブレーキ ペダル, ブレーキ
出典:

一般的なクルマやローバーミニのオートマ車は、アクセルを強く踏むと、クルマが自動的にシフトダウンして加速する「キックダウン」をします。

しかし、ローバーミニのオートマ車は、なるべく「キックダウン」を行わないとようにしたほうが良いでしょう。

なぜなら、キックダウンするときのシフトダウンがミッション内部の油圧を急激に変化させてしまうからです。

キックダウンを頻繁に行ったり、アクセルをべた踏みして更に強くキックダウンを行うと、ミッションへ大きな負担を与えてしまう可能性がでてきますよ。

自動的に変速してくれるローバーミニのオートマ車は、急発進・急加速を控えて、故障のリスクを避けるために、「まるでセレブのように」優雅に運転するのをおすすめします。

ローバーミニのオートマ車を大切にするなら3つのメンテナンスを守ろう

モータ, マシン, 機械, エンジン, 技術, 電源, 業界, 金属, 修理
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/15/14/52/motor-768750__340.jpg

ローバーミニのオートマ車の5つのドライビングポイントのほかに、3つのメンテナンスのポイントも守っておきましょう。

今回ご紹介する3つのメンテナンスは、主にエンジンオイルのメンテナンス方法をお伝えしていますので、参考にしてくださいね。

  1. ① オイル交換のサイクルは3,000kmに一度行う
  2. ② エンジンオイルは適したものを使う
  3. ③ オイル添加物・フラッシングオイルは使わない

① オイル交換のサイクルは3,000kmに一度行う

ボトル, コンテナ, エンジン オイル, 液体, ストレージ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/01/26/13/05/bottle-3108641__340.jpg

ローバーミニのオートマ車は、必ず3,000kmごとのオイル・オイルエレメント交換が大事ですよ。

なぜなら、ローバーミニは現代のクルマとは異なり、ミッションとエンジンのオイルが共有で循環しています。

オイルは急激な温度変化に弱く、ミッションとエンジンのオイルが共有で循環していると、より急速に劣化してしまいがちです。

もし、劣化したままのオイルを使っていると、冷却不良や潤滑不良になってしまい、エンジン内部の高温化で焼き付きがおきるでしょう。

オイル交換を忘れて「エンジンが修復不可能」なんてことにならないように、旧車でもあるローバーミニのオイル交換は忘れずに行ってくださいね。

② オイルは規定のものを使う

ローバーミニのオートマ車に使うオイルは、規定の粘度のものを使いましょう。

ローバーミニのオートマ車に適したオイルの粘度は以下の3つがあります。シーズンに合わせて使うと、よりエンジンに優しいですよ。

  • 10w-30(オールシーズン)
  • 10w-40(冬場)
  • 15w-50(夏場)

現代の車に流通しているオイルは粘度が低いもの(0w-16/0w-20/5w-40)が多く、ローバーミニのオートマ車に使用できるものが限定的になっています。

粘度の低いものをローバーミニに使用してしまうと、密閉性が低下して、エンジンのパワーを伝えられなくなってしまいますよ。

密閉性が低下するとオイルも漏れやすくなり、様々なトラブルにつながるので、オイルの粘度は規定のものを使ってくださいね。

クラシックミニのおすすめなオイル5選と知っておくべき粘度と油種

③ オイル添加物・フラッシングオイルは使わない

ローバーミニのオートマ車には、オイル添加物やフラッシングオイルは使わないようにしましょう。

なぜなら、ローバーミニはエンジン内部の隙間を粘度のあるオイルで、ふたをして密閉性を高めています。

そこへ、オイル添加物やフラッシングオイルを使ってしまうと、エンジン内部の隙間を埋めていた成分まで洗い流してしまいますよ。

隙間を埋めていた成分を洗い流すことで密閉性が低下したり、洗浄した成分がミッション内部に沈殿してしまったりするので、使用を控えるのをおすすめします。

ローバーミニのオートマ車に手間をかけるなら、フラッシングオイルやオイル添加物に頼らずに、こまめなオイル交換を重要視しましょう。

まとめ

車, ミニ, 車両, トランスポート, 交通, トラフィック, 旅行, デザイン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/08/07/21/23/car-2607977__340.jpg

今回は「ローバーミニのオートマ車に乗るなら大事にしたいポイントについてお伝えしてきました。

先ほどもお伝えしましたが、ローバーミニのオートマ車はマニュアル車に比べて、現存台数が減少傾向にあります。

その背景として、「オートマ車をきちんとメンテナンスできるプロが少ない」というところです。

いいかげんなメンテナンスをしたオートマ車は、正直に壊れやすいのと、修復可能なのに廃車にされてしまうことが多いですよ。

もし、これからローバーミニのオートマ車を手に入れるという方は、専門店できちんとメンテナンスしたクルマを見つけましょう。

そして、自分できちんとしたメンテナンスをして、いつまでも綺麗で素敵なローバーミニを育んでくださいね。

【MINI好きは必見!】ローバーミニクーパーの歴史を徹底解説!

生産終了してもなお、人気が絶えない「ローバーミニクーパー」かわいい見た目だから気になっているんだよね、という方もいるのではないでしょうか。

この記事は「ミニクーパーって知ってるよ!」「いつかは乗ってみたい車だな…」というかたに、ローバーミニクーパーの魅力をより知っていただけるでしょう。

今回はローバーミニのグレードクーパーモデルの歴史についてお伝えしていきますね。

この記事を読むことで、ローバーミニクーパーという車の歴史や名前の由来について、より詳しくなることでしょう。読み進めて参考にしてくださいね。

ローバーミニの代表格である「クーパー」はグレード名って知ってましたか?

車, モデル, ミニ, クーパー, おもちゃ, 車両, 自動, ドライブ, 道路
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/06/06/12/58/car-3457884__340.jpg

旧車に詳しくない方でも、ミニを見ると「あ、ミニクーパーだ」と気づく場面が多々あるのではないでしょうか。

ローバーミニは映画やテレビなどのメディアで見る機会の多い車なので、若い女性の方でも知っている方が多いですね。

そんなローバーミニですが、実は「クーパー」はミニのグレードのことを指しているのを知っていましたか。

ローバーミニは「クーパー」を含めた、主に3種類のグレードが展開しています。

以下がローバーミニの3つのグレードですよ。

  • クーパー
  • メイフェア
  • ケンジントン

「グレードによってエンジンとか、パーツが違うの?」と気になることでしょう。次にローバーミニのグレードの違いについてお伝えしていきますね。

クラシックミニの知っておきたい情報と魅力的なポイント5選

マニアにしか分からないローバーミニのグレード別の違い

思考, 質問, 思う, 男, マーク, 漫画, 人, バブル, 混乱, 疑い
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/12/14/19/05/thinking-4695538__340.jpg

ローバーミニは3つのグレードごとに、細かい部分が違います。なのでミニ初心者のかたが判別するのはとても難しいかもしれません。

かくいう私もローバーミニを7年以上乗っていますが、今でもパーツや内装でグレード名を当てることはできません。

そんな細かい違いがあるローバーミニの「グレード名を判別できるポイント」をお伝えしていきますので、ミニマニアの世界へ一歩足を踏み入れてみてくださいね。

【スポーツタイプの外装が特徴的】ローバーミニクーパー

赤, 車, ミニ, クーパー, シンボル, イングランド, フラグ, 市
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2013/02/21/19/08/red-84593__340.jpg

まず、一番認知度の高いローバーミニクーパーの大きな特徴は、「ボンネットストライプ」でしょう。

ボンネットを縦に走る白いラインは、クーパーモデルしかないデザインですよ。

そのうえ、ルーフとサイドミラーが白のツートンカラーになっているので、スポーティでありスタイリッシュな印象になっています。

内装は黒い本革シートが標準装備されていますよ。スポーティな雰囲気を車に求めているかたにぴったりなモデルですね。

【全国】ローバーミニのおすすめな専門店を厳選して7つ紹介

【クラシカルな落ち着いた雰囲気】ローバーミニメイフェア

モデル, 車, ミニ クーパー, 赤, 車両, カラフルです, ビンテージ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/05/09/08/02/model-1380590__340.jpg

2つ目のモデルのローバーミニメイフェアは、クーパーモデルとは対照的なカラーリングになっていますよ。

メイフェアモデルはボディ・ルーフ・ドアミラー等、全体的に一色でスタイリングされているので、クラシカルで落ち着いた印象を受けるでしょう。

また、メイフェアの内装は、他のグレードでは見られないレザーと布地のシートが装備されていますよ。

「内装はシックな感じが良い!」というかたは、メイフェアのインテリアは気に入るかもしれませんよ。

【ラグジュアリーモデルの最上級車】ローバーミニケンジントン

プラモデル, ミニ, クーパー, モリス, メトロ, Walford東駅
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/05/17/15/55/model-car-3408898__340.jpg

最上級グレードのローバーミニケンジントンは、メイフェアと同じクラシカルな雰囲気ですが、随所で特別なパーツを使われていますよ。

他のグレードとは大きく違うポイントは、「バーティカルフルーティング」という様式の本革シートが搭載されているところです。

他のシートよりも縦筋が多く、クリアベージュのシートは、ケンジントンだけでしか装備されてない特別なインテリアですよ。

また、ケンジントンモデルは「ブリティッシュレーシンググリーン」と「ナイトファイヤーレッド」の2種類のカラーリングが展開されていますよ。

所有者のカスタムでケンジントン仕様になっている車両もあるので、本物のローバーミニケンジントンを見分ける参考にしてくださいね。

【約40年の歴史】ローバーミニクーパーの製造遍歴

ツール, ナイフ, 黒と白, 切削工具, ドリル, ガーデニング, 灰色の庭
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/21/13/35/tools-1845426__340.jpg

ローバーミニクーパーの歴史は、1961年から生産された「オースチン・モーリス・ミニクーパー」から始まりました。

最終生産の2000年まで約40年の歴史のあるクーパーモデルは、時代とともに大きく3回のマイナーチェンジが行われましたよ。

マイナーチェンジをするたびに、スペックや乗り味も変化しています。ここでは、大きく3つのクーパーモデルに分けて紹介していきますね。

  • 1961年~1969年モデル
  • 1963年~1971年モデル
  • 1990年~2000年モデル

オースチンミニバンの悪魔のような魅力を徹底解説!

【1961年~1969年】ローバーミニの元祖クーパー

1961年~1969年に生産された「オースチン(モーリス)・ミニクーパー」は、ローバーミニクーパーの先祖にあたる車ですよ。

当時、F-1界を席巻していた「ジョンクーパー」が手掛けたモデルで、1000台限定で生産されていました。

この車両は、1964年・1965年・1967年のモンテカルロラリーで総合優勝した伝説的なミニとして語り継がれています。

ラリーでの活躍がその後の「ミニクーパー」という名前を広めたきっかけかもしれませんね。

  1961年~ 1964年~
排気量 997cc 998㏄
最大出力 54ps/5700rpm 55ps/5800rpm
最大トルク 7.54kg-m/3600rpm 7.88kg-m/3000rpm
車両重量 584kg

【1963年~1971年】ミニマニアが血眼になって探すクーパー

1963年~1971年に生産された「オースチン(モーリス)ミニ・クーパー/クーパーS」はミニマニアの間で人気が年式ですよ。

クーパーSはクーパーよりも大排気量になり、馬力・トルクがパワフルになっています。

レース仕様としてディスクブレーキ化・12インチ化しているので、高年式のミニに引けを取らない性能がありますよ。

ミニオーナーのなかには、持ち前の車重の軽さと排気量の生かして、レースのベース車両として使うかたもいます。

ローバーミニを10インチにするうえでリム幅とサイズに気を付けよう

  1963年~1965年 1964年~1965年 1964年~1971年
排気量 1071㏄ 970㏄ 1275㏄
最大出力 70ps/6000rpm 65ps/6500rpm 75ps/5800rpm
最大トルク 8.58kg-m/4500rpm 7.6kg-m/3500rpm 11.1kg-m/3000rpm
車両重量 635㎏ 同じ 同じ

【1990年~2000年】多くのファンが待ち望んだ復刻版ローバーミニクーパー

1990年~2000年に再生産された「ローバーミニクーパー」は約20年ぶりに市場にでた車両でした。

ローバーミニクーパーはラストミニとして、未だ市場では高値で取引されているものが多いですよ。

なかでも、1990年~1991年のうちに生産された1300ccキャブレター(通称キャブクーパー)は、レア車としてミニオーナーの注目の的になっている車です。

1992年以降の車両はインジェクション搭載なので、キャブレター好きな方はあえてインジェクターをキャブ化にしていますよ。

ただし、インジェクターからキャブ化にするには40万円以上の費用がかかるので、費用を抑えながらキャブ車に乗るなら、最初からキャブミニに乗るのをおすすめします。

排気量 1271㏄
最大出力 62ps/5700rpm
最大トルク 9.6kg-m/3900rpm
車両重量 710㎏

【ローバーミニクーパーの中古車価格】1998年以降がおすすめ

車, 販売, ディーラー車, 車ショールーム, 駐車場, 車の営業マン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/01/05/19/car-3189771__340.jpg

ローバーミニクーパーの中古車の価格は、60万~600万円の範囲で手に入れることができますよ。

ローバーミニクーパーは保存状態が良かったり、限定モデルであったりすると、高価格で取引される傾向です。

また、そのほかにも高価格で取引される要素がいくつかあるので、以下にまとめおきますね。

  • ラストミニ(1997年~2000年)
  • フルレストア済み
  • 足回り・エンジン系のカスタムがされている
  • ポールスミスモデル
  • クーパーBSCCリミテッドモデル
  • 40thアニバーサリーリミテッドモデル

ローバーミニクーパーを乗るなら「1998年」以降に生産された車両がおすすめですよ。

なぜなら、クーパーモデルは年々現存台数が減少しており、ボディの劣化が進んでいます。

しかし、1998年以降のクーパーは他の車両よりも保存状態が良いものが多いですよ。長くローバーミニクーパーを乗るならこの年代の車両を狙ってみましょう。

まとめ

交通, 乗り物, 自動車, 車, タイヤ, ホイール, 錆, スクラップ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2020/01/18/04/36/traffic-4774419__340.jpg

今回はローバーミニのグレードとクーパーモデルの歴史について解説してきました。

「クーパーモデル」にスポットを当てて、お伝えしてきましたが、ミニは他にも限定モデルの車両がありますよ。

これから購入を検討している方や、好きなモデルのミニを探している方は、ローバーミニの様々なラインナップを探してみてみましょう。

カスタマイズできるパーツもたくさんあるので、きっとあなた好みのミニに出会えるはずですよ。

ローバーミニのカスタム方法は無限大!おすすめなパーツを徹底紹介!

ローバーミニのカスタム方法は無限大!おすすめなパーツを徹底紹介!

ローバーミニに乗り始めてだいぶ慣れてきたから、そろそろ自分好みにカスタムしてみたいなと考えている方がいるのではないでしょうか。

「でもカスタムできるところってどこからどこまでなの…」「パーツはどんなのが売っているの…」とカスタムを考えるうえで気になってきますよね。

そこで今回は、ローバーミニのおすすめのカスタムとカスタマイズするうえで知っておきたいことをお伝えしていきます。

この記事を読むことで、こんなところがカスタムできるんだ!?早くパーツを準備して「自分だけのオリジナルミニ」にしたいな!と思っていただけるでしょう。

最後まで読み進めて参考にしてくださいね。

ローバーミニはカスタム性が高い

ステアリング ホイール, クラシックカー, ホットロッド, 筋肉の車, ダイヤル
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/09/17/36/steering-wheel-1130626__340.jpg

ローバーミニは2000年に生産終了してもなお、全世界でニッチなミニ乗りの為にパーツが生産され続けています。

ローバーミニはクラシックカーのなかでも、エクステリア・インテリアの部品数が多いです。社外品のオリジナルパーツが販売されているのが多いですよ。

なので、ローバーミニの中古車を見ると、前オーナーに交換されたパーツがついている車両がほとんどで、純正のミニを探すのが困難でしょう。

また、車両によってカスタムが制限されている車両がありますので、今後ローバーミニをカスタムする予定のある方は参考にしてくださいね。

エクステリアのカスタム

ドアミラー, クローズ アップ, クロム, 車のミラー, クローム メッキ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2020/06/15/14/47/exterior-mirrors-5302164__340.jpg

ローバーミニの外装のパーツは豊富にありますよ。今回はカスタムするだけでグッと印象を変えられるエクステリアのパーツを3つご紹介していきますね。

なお、以下の3つの外装のパーツはmk1、mk2、mk3仕様などのモディファイをしたい方におすすめなカスタムです。参考にして自分好みのミニにしてみましょう。

ホイール

ローバーミニのホイールは10インチ~13インチのホイールにカスタムできます。なので、10インチ化してレトロなミニにすることも可能です。

ローバーミニを10インチにするうえでリム幅とサイズに気を付けよう

逆に、ホイールをインチアップして13インチのスポーティなミニにすることもできるので、好みのホイールを履かせて自分色のミニにしてみましょう。

また、ホイールは30,000円~110,000円で購入することが出来ます。なかでも10インチホイールはニーズがあり価格も高めになっていますよ。

ローバーミニのホイールは、「どこから手を付けたらいいか分からない」という方に、手始めにカスタマイズすると一目で変化に気づくことが出来るでしょう。

ライト類

ローバーミニのライト類は、パーツ数が多いので、その分自分の好きな形状や色のライトを取り付けることができます。

  • ヘッドライト
  • サイドマーカー
  • フォグランプ
  • テールランプ
  • バックランプ

ライトの光源はハロゲン・HID・LEDの三種類があります。ミニはバッテリーに負担の少ないLEDが人気なので、迷ったらLEDのライトを選んでくださいね。

また、ローバーミニに標準装備されている光源はハロゲンライトなので、ハロゲンライト以外のものにするならキットを買う必要があります。

ライトの種類 金額(税込)
ローバーミニHIDキット 33,400円~
ローバーミニLEDキット 48,726円~
ローバーミニハロゲンランプ 11,495円~

ローバーミニはライトを変えることで視認性が良くなるだけでなく、ライトの色で車の雰囲気を変えることができるカスタマイズです。

あなた好みのミニにする方法として、ライトの形状・ライトの光源のカスタムをしてみてはいかがでしょうか。

サイドミラー

ローバーミニのサイドミラーは、取り付けられる位置が2か所あります。

  • ドアミラー
  • フェンダーミラー

1980年式以降のローバーミニはドアミラーが標準装備で、80年以前のミニはフェンダーミラーが搭載されていますよ。

視認性を良くしたいならドアミラータイプがおすすめで、フェンダーミラーよりも後方の確認がしやすいでしょう。

あえて、レトロなミニにモディファイするなら、見栄え重視のフェンダーミラーに付け替えることも可能になっていますよ。

また、ローバーミニのミラーは一本1万円で市場では販売されており、種類も豊富にあるので、好みのかたちのミラーを見つけることができるでしょう。

インテリアのカスタム

リガ, ラトビア, 博物館, 車, 機械, 設備, ハンドル, サロン, マシン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/11/26/19/12/riga-4655289__340.jpg

ローバーミニのインテリアのカスタマイズ性はエクステリア同様、無限の組み合わせがありますよ。

インテリアパーツは純正品・社外品は数えきれないほどあり、専門店で日々新しいデザインのパーツが生産されています。

次に1つでもカスタムするだけで、車内の雰囲気や快適性が変わる、ローバーミニの3つのおすすめのカスタマイズをお伝えしていきますね。

ステアリング

どんな車でも運転手が一番に目につく部分がステアリングでしょう。内装の顔とも言えるこのパーツを変えるだけで、その人の好みが現れますね。

ローバーミニのステアリングは、ウッド・革張りのステアリングパーツが揃っていますよ。

また、1996年以降のミニはエアバッグ付きステアリングが標準装備されているので、カスタムするならキャンセラーを付ける作業を行いましょう。

ローバーミニのステアリングは純正・社外品含め、平均30,000円で購入することができますよ。

なかでもイギリスのモトリタ(33,900円~税込)のハンドルは、武骨な印象で多くのオーナーに愛されているおすすめなステアリングです。

シート

ローバーミニのシートは社外品である、コブラのシートにするのがミニのオーナーに人気なカスタムですよ。

人気なワケは、運転手の体をしっかりとホールドしてくれる「しっくり感」が代表的に挙げられます。

ゴーカートフィーリングな乗り心地のミニは、コーナリングのときに横に流されやすい車ですよ。搭乗者ももちろん横に振られやすいです。

そこでコブラのシートを使うことで、運転中の横に流されずに体ごと運転する一体感が更に楽しめるでしょう。

インパネ

ローバーミニのインパネは「センターメーターパネル」と「ウッドダッシュパネル」の2種類がありますよ。

シンプルなセンターメーターパネルと高級感のあるウッドダッシュパネルは、どちらも全然違う雰囲気があるので、好みのインパネを選んでみましょう。

もし、自分好みのインパネの車両が見つからない場合は、センターパネルからウッドパネルに変えることが出来ますよ。

しかし、1996年以降の車両は全車ウッドパネル化されているので、96年以降の車両の場合、メーターを埋め込む作業が必要なので専門店で行ってくださいね。

【全国】ローバーミニのおすすめな専門店を厳選して7つ紹介

ちなみにインパネは種類にもよりますが、43,100円(税込)~購入することが出来ますよ。

エンジンのカスタム

モータ, マシン, 機械, エンジン, 技術, 電源, 業界, 金属, 修理
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/15/14/52/motor-768750__340.jpg

ローバーミニはエンジンをカスタムできるパーツが豊富にあり、国産で製造されているパーツを使用することが出来ます。

最近はビビットな色合いのエンジンパーツが流通されていますよ。今回は一目でカスタムしているのが分かるパーツについてお伝えしていきますね。

キャブ

ローバーミニは1992年製の車両までキャブレターを使用されていて、その独特なミニサウンドに魅了されてしまう方が多いでしょう。

キャブレターのミニは扱いやすさと高耐久なSUキャブが標準装備されていますよ。

しかし、なかには加速した際のレスポンスをよくするために、WEBERのキャブを積み替えるというカスタムをしている方がいます。

WEBERキャブはSUキャブよりも細かなメンテナンスや毎日のセッティングが必要なメカで、プロ向けのキャブだといえるでしょう。

独特な「スコン」と気持ちよく抜ける音が運転中の大きなスパイスになるので、ドライブに刺激が欲しい方におすすめなカスタムですよ。

また、インジェクションのミニをキャブ化するには大幅な作業が必要になるので、キャブのミニに乗りたいなら1993年製以前の車両を探してみてくださいね。

エアクリーナー

ローバーミニのエンジンルームを開いて、まず目に飛び込んでくるのは大きなパーツである、エアクリーナーではないでしょうか。

ミニ専門のパーツショップでは、目を引くようなかっこいいデザインのエアクリーナーがラインナップされていますよ。

エアクリーナーは平均的な予算として、20,000円~購入することが出来ます。

ローバーミニのエアクリーナーをカスタムすることでエンジン出力・トルクUPが期待できますよ。約2万円でミニが更に軽快になるのは高くないかもしれません。

ローバーミニのカスタムをするならオーナーのブログを見よう

男, 読書, タッチ スクリーン, ブログ, デジタル, タブレット, 作業
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/05/31/10/55/man-791049__340.jpg

自分好みのテイストのミニにカスタムするなら、ミニのカスタマイズのブログを参考にするのをおすすめしますよ。

rovin的におすすめなカスタムミニのブログを以下にまとめておきますね。

ローバーミニのカスタムについてまとめているブログをみてみると、カスタムするうえでの悩みや分からないことがきっと分かることでしょう。

ローバーミニをカスタムするなら専門ショップを見てみよう

車の修理, 車のワーク ショップ, 修理店, 修理, ガレージ, 車, 黒と白
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/06/04/16/36/car-repair-362150__340.jpg

ローバーミニをカスタムするなら、ミニ専門のショップにてパーツを手に入れるのをおすすめしますよ。

ローバミニのパーツを買うならこの7つのショップがおすすめ!

ミニの専門ショップは数えきれないほどあり、なかにはローバーミニ専門のオンラインパーツショップもあります。

ミニのオンラインショップは購入金額で送料無料になりますよ。エンジンなどの重いパーツがおうちまで届くのは楽ですよね。

オンラインショップのなかでも、お得にパーツが購入できる日にちがあるので、欲しいパーツはあらかじめ目星をつけておきましょう。

まとめ

車, 車両, モータ, トランスポート, ダッシュボード, マセラティ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/12/28/23/41/car-3046424__340.jpg

今回はローバーミニのおすすめなカスタムと、カスタマイズするうえで知っておくべきことをお伝えしていきました。

最近は自分だけのオリジナルミニを作る方と、純正ミニを長く保ち美しくしていく方の2極化が進んでいる傾向があります。

純正ミニにこだわる方の背景としては、人生最後の車で純正のローバーミニを乗られる方がいるみたいですよ。

どちらにしても1つの車をかわいがって乗られているのはとても素敵なことですね。あなたも自分のミニをより一層かわいがって乗ってみましょう。