スチールホイールのメリット5選!ホイール選びのポイントを知ろう

「スチールホイールのメリットって何?」「アルミホイールを使用している人が多いけど自分も変えた方がいいの?」と考えることはありませんか。

タイヤのホイールにはスチール製とアルミ製があり、一般的なアルミホイールに交換した方が良いのか悩む方もいるでしょう。

そこで、本記事では「スチールホイールのメリット」を5つ詳しく解説していきます。

この記事を読めば、あなたの望むホイールを選ぶことができるでしょう。ぜひご覧ください。

スチールホイールのメリットを5つ紹介

スクリュー, 糸, テクノロジー, ねじナット, 金属, 六角ナット, 金属糸
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/21/23/03/screw-1924173__340.jpg

スチールホイールのメリットは、以下の5つです。

  • 安い
  • 強度がある
  • 長持ちする
  • 個性が出せる
  • 手入れがしやすい

タイヤの種類には「スチールホイール(鉄チンホイール)」と「アルミホイール」があります。近年はデザインの豊富さや軽さから「アルミホイール」を装着している車が増えていますね。

しかし、スチールホイールは軽自動車から大型車まで、さまざまな種類の車に使用されており町中でよく目にします。

アルミホイールが普及してきているといっても、スチールホイールがアルミホイールより品質が悪いわけではありません。

以下の項目から、スチールホイールのメリットをひとつひとつ伝えていきますね。

スチールホイールのメリット①【安い】

財布, 現金, ポケット, クレジット カード, お金, レザー, 通貨, 男
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/10/30/11/06/wallet-1013789__340.jpg

スチールホイールのメリットの1つ目は安いことです。スチールホイールの材質は鉄でできています。だから「鉄チンホイール」と呼ばれることもあるんですよ。

アルミより製造コストが安いため、軽自動車やコンパクトカー、商用車などに使用されています。車販売の標準装備にも多く使用されていますね。

スチールホイールは、手頃な値段で手に入ることから、まだまだ需要があるといえます。

わざとスチールホイールに交換してホイールキャップで周りと差を付ける方もいるんですよ。

スチールホイールのメリット②【強度がある】

鎖, リンク, 金属, 強い, 接続, 接続済み, 保護, パワー, 鉄
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/03/26/09/41/chain-690088__340.jpg

スチールホイールの2つ目のメリットはアルミより強度があり頑丈なことです。主にバスやトラックなどの大型車に使用されています。

スチールホイールは、舗装されてない道にも適しており、例えパンクしてもホイールへの大きなダメージを防げるでしょう。

アルミホイールは強度を出すために厚みを出す必要がありますが、スチールホイールは薄さを出したまま軽くて強いホイールとして使用できますよ。

薄さの割に剛性(ねじれる力)と靭性(破壊されにくい)に優れていて、鉄板状であれば強さをより発揮できます。

スチールホイールのメリット③【個性が出せる】

手, 言葉, 意味, 指, カラフル, マーカー, 手のひら, 描きました
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/08/22/01/39/hands-423794__340.jpg

スチールホイールのメリットの3つ目は個性が出せることです。スチールホイールはアルミホイールよりデザイン性がなく、単調なイメージです。

しかし、ホイールキャップを使用したり、自分の好みの色に塗装できたりするのでより個性を出せるんですよ。

反対に、飾り気のないデザインが好まれ、わざと年代が古く見えるようにカスタマイズすることも可能です。

あえてホイールキャップを使用しなかったり、ホイールナットを貫通タイプにしたりして楽しむ方もいるんですよ。

スチールホイールは、手頃な値段で手に入れることができます。スチールホイールであなた好みの車を仕上げてみてはいかがでしょうか?

スチールホイールのメリット④【長持ちする】

男, 車, 修理, 自動車修理, 車のワークショップ, 修理店, ガレージ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/06/04/16/36/man-362150__340.jpg

スチールホイールのメリットの4つ目は長持ちすることです。前述したように、スチールは頑丈なので少しのショックでは破壊されません。

錆びないように定期的にメンテナンスを行えば、数十年使用することも可能です。ホイールコーティングをすれば、再利用もできるでしょう。

鉄に付着する赤錆は見つけやすいのでお手入れするタイミングが分かりやすいのもメリットです。簡単なお手入れ方法は後に紹介していますので、参考にしてくださいね。

スチールホイールのメリット⑤【手入れがしやすい】

タイヤ, 汚れた, 綺麗, 車輪, ゴム, 黒, 車両, 追跡, 道, 泥, 車
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/03/11/02/12/tire-668041__340.jpg

スチールホイールのメリット5つ目は手入れがしやすいことです。スチールホイールは鉄でできているため、小さな傷からでも錆びやすくなっています。

しかし、腐食に気付きやすく洗車のついでに予防できますので、簡単なお手入れ方法でスチールホイールを長持ちできるんですよ。

お手入れの方法

  1. カーシャンプーで洗う
  2. ホイールクリーナーを使う
  3. コーティング剤を塗る

1.カーシャンプーを使用しホイールに付いた汚れをブラシで擦り落とします。その後洗剤がなくなるまでしっかり落とし、水分を拭き取ってくださいね。

2.カーシャンプーだけでは油汚れは落としにくいので、ホイールクリーナーを使用しましょう。種類はいくつかありますが、ホイールクリーナーをかけて放置するタイプが手軽です。

3.汚れや傷から守るためにコーティング剤を塗りましょう。ツヤが出てぴかぴかのホイールに仕上がります。コーティングをしておくと、次からのお手入れがもっと楽になりますよ。

スチールホイールとアルミホイールの違い

Vintage Car, Classic Car, Automobile
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/05/03/00/57/vintage-car-336676__340.jpg

アルミホイールは大部分にアルミニウム合金が使用されているホイールのことです。

アルミホイールは、スチールホイールと比べて軽く加工しやすいのでデザイン性が高いのが特徴なんですよ。しかし、スチールホイールより値段が高くなることが多いようです。

アルミホイールは、スチールホイールより衝撃に弱く、欠けたり割れたりしやすいんですよ。

アルミホイールはスチールホイールのような赤い錆は出ませんが、少しの傷から白い錆が発生しやすくなっており、気が付かないうちに中から腐食していきます。

スチールホイールの場合も錆びにくいとはいえ、傷が付かないように運転を気をつけたり、こまめな点検が必要です。

スチールホイール選びのポイント

スパナ, 道具, レンチ, 装置, 修理, 仕事, 金属, 楽器, メンテナンス
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/12/11/20/03/spanner-3013129__340.jpg

スチールホイール選びのポイントは、以下の2つになります。

  • ハブ径
  • ナット形状

ハブ径はホイールの中心にある穴の直径のことです。メーカーによってサイズが違うので確認してくださいね。

ナット計上は、ホイールを取り付けるナットの形やサイズには種類がありますので、合致するナットを選ぶことが大切です。純正をみて確認しておくといいでしょう。

スチールホイールは、小径が多く薄いため見えにくくなっています。ディスクブレーキやキャリパーなどに干渉していないか注意が必要です。

スチールホイールの注意点

ルノー Juvaquatre, 車, さびた, 放棄された, 錆びた, 壊れた
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/09/11/10/02/renault-juvaquatre-1661009__340.jpg

ここで、スチールホイールを使用するときの注意点をお伝えしていきますね。

スチールホイールは水分や融雪剤で錆びやすい性質です。少しの傷からでも錆びてしまうので、ホイールキャップを使用して傷から守ると良いでしょう。

スチールホイールに付着した錆を、洗車のついでに落としたり磨いたり、コーティング剤を使用したりすればアルミホイールより丈夫で長持ちさせられますよ。

ホイールは、真円度とバランスが重要です。このバランスが崩れていると走行時のがたつきなどのタイヤトラブルが起きます。

しかし、製造元はこの真円度とバランスの管理がされていますので、スチールホイールでもアルミホイールでも品質には問題ありません。

ですから、予算やデザイン、強度など自分の好みでホイールを選ぶことができるんですよ。

スチールホイールのメリットのまとめ

冬用タイヤ, タイヤ サービス, 自動車, タイヤ, タイヤプロファイル, 安全
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/17/19/25/winter-tires-2861853__340.jpg

この記事では、スチールホイールのメリット5つを紹介しました。他にも、アルミホイールとの違いやスチールホイールを使用するときの注意点を紹介しています。

スチールホイールは、加工がしにくいためデザインがシンプルなものが多くなっています。しかし、ホイールキャップの使用やペイントをするとスチールホイールにはない個性が出せるでしょう。

また、そのシンプルなデザインを生かしてホイールキャップを使用せず、ホイールナットを貫通タイプにするれば持ち味を出せますね。

錆が付かないように少しお手入れをすれば、ホイールを長く使用できます。アルミホイールが主流になってきていますが、スチールホイールもまだまだ実用的で人気があります。

本記事を参考にして、ホイール選びに役立ててくださいね。

投稿者: rovin

昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。