ローバーミニの「ステアリング」をカスタマイズしよう

あなたは、「ローバーミニのステアリングを変えたいな」「自分だけのミニに仕上げたいな」と思っているのではないでしょうか。

ローバーミニのステアリングは、インテリアカスタマイズをするうえで、一度は交換を考えるであろうパーツでしょう。

そこで本記事では、ローバーミニのステアリングについて、詳しくお伝えしていきますね。

この記事を読めば、ローバーミニのステアリングをカスタマイズするうえで知っておきたい情報が分かるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

ローバーミニのステアリングを交換するメリット

ドライバー, 車, 車両, ハンドル, 輸送, インテリア, 管理
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/02/06/10/09/driver-3978839__340.jpg

ローバーミニのステアリングは、1996年から全車にエアバッグが標準装備され始めました。

エアバッグ付きのステアリングは、高級感のある革で仕上げられており、まとまりのあるデザインです。

しかし、ローバーミニはクラシカルな雰囲気を持つ車なので、エアバッグ付きのハンドルは少々違和感を感じる方もいることでしょう。

細身なステアリングであったり、木を基調とするデザインだったり、ローバーミニには様々なステアリングがマッチしやすいんですよ。

「ミニが発売された当初のクラシカルなモデルにしたいな」という方は、ステアリングを交換すれば、車内のインテリアをガラリと変えられるでしょう。

ローバーミニのステアリングを交換するうえで行なっておく3つのこと

自動車, 車両, ドライブ, コンバーチブル, ポルシェ, レーン, 雨, 雷雨
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/07/16/30/auto-3298890__340.jpg

ローバーミニのステアリングを交換するなら、以下の3つを行なっておきましょう。

  • 装着するステアリングを準備する
  • 1996年以降の車両はエアバッグキャンセラーを取り付ける
  • ステアリングボスを取り付ける

①装着するステアリングを決めておく

ステアリングは、外径が大きいものほどテコの働きにより、少ない力でハンドルを切れます。

反対に、外径が小さいステリングは、小さな動きで操舵が可能です。

サーキット走行をする場合のみ、外径が小さいステアリングをオススメしますよ。

後ほど、ローバーミニにオススメなステアリングをお伝えしていきますね。

②1996年以降の車両はエアバッグキャンセラーを取り付ける

先ほどもお伝えした通り、1996年以降のローバーミニは、エアバッグ付きステアリングが装着されています。

エアバッグ無しステアリングに交換する際は、「エアバッグキャンセラー」を取り付けておかないと、警告表示が付いたままになってしまうんですよ。

ステアリングの交換に不安がある方は、ローバーミニ専門店にて作業を依頼してみてくださいね。

【全国】ローバーミニのおすすめな専門店を厳選して7つ紹介

③ステアリングボスを取り付ける必要がある

ローバーミニのエアバッグ付き純正ステアリングを交換する際は、「ステアリングボス」を取り付ける必要がありますよ。

ローバーミニに純正以外のステアリングを取り付ける場合、アダプターの役割をもつボスを取り付けないと、ステアリングが装着できません。

また、ステアリングごとの取付穴が異なります。交換したいステアリングに適したボスを選んでみてくださいね。

以下のステアリングボスは、様々なステアリングに適用できるように、取付穴が多く空いています。

あなたが取り付けたいステアリングにも適合するので、ぜひこちらを取り付けてみてくださいね。

【ローバーミニ】オススメなステアリングのブランド

オールドタイマー, フェラーリ, 自動, レトロ, 自動車, クラシック, 車両
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/04/02/10/58/oldtimer-4097480__340.jpg

ローバーミニに適したステアリングは、主に以下の3つのブランドがオススメですよ。

  • レスレストン
  • モトリタ
  • MOMO(モモ)

特にオススメなのは、レスレストンモトリタです。こちらは、ローバーミニと同じ英国のブランドですよ。

「英国のモノでそろえたい!」という方は、英国製のステアリングを取り付けてみてはいかがでしょうか。

次の項目では、オススメなステアリングや、ブランドについて、1つ1つ紹介していきますね。ぜひ参考にしてくださいね。

ローバーミニ用ステアリングにオススメなブランド①【英国レーサー】

始めに紹介する、ローバーミニにオススメなステアリングのブランドは、「レスレストン」ですよ。

レスレストンは、1920年生まれの英国人レーシングドライバー「レス・レストン」が創業したブランドです。

レス・レストンは自らハンドルを握り、数々のタイトルを獲得したり、F1レーサーとしてもデビューしたりしたレーサーです。

レスレストンのステアリングをローバーミニに取り付ければ、英国レーサーの気分を味わえるのではないでしょうか。

【レスレストン】60年代GTレースを支えたステアリング

1つ目のレスレストンのオススメは、「クラシックステアリングハンドル」です。

こちらは、60年代のレースシーンで使われていたステアリングを復刻したモデルになっており、大きめな外径なのに軽さを兼ね備えた逸品になっています。

また、本革仕上げになっているため、使えば使うほど、あなたの手になじむので、経年美化も楽しめるでしょう。

【レスレストン】外径33Φのコンパクトステアリング

2つ目に紹介する、レスレストンのオススメは、「ウッドステアリングハンドル」ですよ。

こちらの大きな特徴は、外径がコンパクトなステアリングなところです。

ローバーミニに標準装備されている、純正ステアリングの外径350Φ。対して、ウッドステアリングハンドルは20Φ小さい、330Φの外径になっていますよ。

ステアリング径(φ) とは

ハンドルの直径のことです。純正のハンドルでだいたい370φ~400φで、直径370mmといったとろです。交換する用のパーツはだいたい純正より小径でできているので、250φ~360φとなっています。

出典:グーネットピット-自分に合った車のハンドルの選び方と付け替え方法 より

外径が小さいステアリングは、ハンドル操舵を最小限に抑えることができるので、レースシーンでクイックなハンドリングが可能ですよ。

木目調のファッション性と、ハンドリング性能を両立したウッドステアリングハンドルを付けてみてはいかがでしょうか。

【レスレストン】本格GTスポーツ用ステアリング

3つ目に紹介する、レスレストンのオススメは、「復刻T型レーシングステアリングハンドル」です。

こちらは、60年代のスポーツシーンや、ポルシェ・フェラーリ・アバルトなどの有名自動車メーカーのプロトタイプ車両に使用されたステアリングハンドルですよ。

無駄を徹底的にそぎ落とし、必要最低限かつ最大限のパフォーマンスを引き出せるデザインになっています。

グリップの直径が27mmに設定されているため、レースシーンで確実なハンドル操舵を行いやすくするでしょう。

また、こちらのステアリングは、事前に穴あけ加工(4,320円税込)が必要なので、注意しましょう。

ここまで、レスレストンのステアリングについてお伝えしてきました。次の項目では、ローバーミニにオススメな2つ目のブランドについてお伝えしていきますね。

ローバーミニ用ステアリングにオススメなブランド②【クラシカル】

2つ目に紹介する、ローバーミニにオススメなステアリングのブランドは、「Moto-Lita(モトリタ)」です。

モトリタは、レスレストンと同じく英国発祥のステアリングメーカーの1つですよ。

クラシックレースシーンを代表されるメーカーなため、ローバーミニの雰囲気とのなじみが高く、ひとたび装着すれば、英国車としてのクオリティが上がるでしょう。

次の項目から、モトリタのオススメなステアリングを1つ1つ紹介していきますね。

【モトリタ】ステアリングが手元に近くなるデザイン

1つ目に紹介する、モトリタのオススメは、「マーク3ステアリングディッシュ」ですよ。

こちらは、ドライバー側にステアリングホイールが突き出たデザインになっているため、腕を伸ばさずにストレスなく運転ができますよ。

また、96年式以降のローバーミニに標準装備されているステアリングと同じ外径ですよ。

木とアルミで構成された細身のフレームは、手になじみやすいため、ミニの運転が楽しくなることでしょう。以下のリンクから商品詳細をご覧くださいね。

 

【モトリタ】楽にハンドルを切れるステアリング

2つ目に紹介する、モトリタのオススメは、「マーク3ステアリングフラット」ですよ。

こちらは、先ほど紹介したマーク3ステアリングディッシュの、ハンドルの形状が平たくなったものです。

また、フラットタイプは380Φの大きな外径になっているため、ハンドル操舵にかかる力を軽減することができるでしょう。

マーク3ステアリングフラットを装着して、ローバーミニの運転を楽にしたい方は、以下のリンクから詳細をご覧くださいね。

 

【モトリタ】レーシング向きステアリング

3つ目に紹介する、モトリタのオススメは、「MK4ステアリングフラット」ですよ。

こちらのステアリングは、320Φと、純正ステアリングよりも30Φ小さい外径になっています。レーシング向きのステアリングとも言えるでしょう。

材質は高級感ある牛革を使用しているので、摩擦やキズにも強いステアリングに仕上がっていますよ。

「ミニデイに出場している」という方は、MK4ステアリングフラットを装着して、よりよいタイムを目指してみませんか。

 

ローバーミニ用ステアリングのオススメなブランド③【イタリアン仕様】

3つ目に紹介する、ローバーミニにオススメなステアリングのブランドは、「MOMO(モモ)」ですよ。

モモは、1964年に設立されたイタリア・ミラノのステアリングメーカーの1つで、ファンの間では「モモステ」とも呼ばれています。

レスレストンやモトリタと同じように、クラシックスポーツシーンを担ったモモ。また違ったステアリングの質感が楽しめるかもしれませんよ。

ローバーミニにオススメなモモは、「PROTO TIPO(プロトタイプ) 35φ」のステアリングです。

手になじむような本革を使用したステアリングになっており、純正ステアリングと同じ外径で運転が可能ですよ。

ステアリングアジャスターで、ハンドルの角度を変えよう

アンティークカー, 自動車, レトロ, クラシック, 車両, 回路
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/05/16/23/06/oldtimer-4208575__340.jpg

ローバーミニのハンドルは、一般車よりも上向きになっていて、運転のしづらさを感じた方はいるのではないでしょうか。

そんな方は、「ステアリングアジャスター」でハンドルの角度を変えてみませんか。

ローバーミニにピッタリなステアリングを付ける際は、併せてステアリングアジャスターでハンドルを調整してあげると、より運転がしやすくなるでしょう。

以下のステアリングアジャスターは、2色展開をしています。あなたのミニの車内の雰囲気に合わせて付けてみてくださいね。

  • 商品名:ステアリングアジャスター
  • ブランド名:ミニデルタ
  • 材質:アルミ

【まとめ】ローバーミニのステアリングを変えてあなただけのミニに仕上げよう

フォード, マスタング, V8, フォードマスタングの転換, 自動車, 車両
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2020/03/15/15/14/ford-4933928__340.jpg

今回は、ローバーミニ用ステアリングのオススメなブランドや、交換方法についてお伝えしてきました。

ローバーミニのステアリングは数多くの種類がラインナップされているため、好みのステアリングを見つけることは難しいはずです。

まずは、あなたのローバーミニの完成形をイメージして、必要パーツを調べてみてくださいね。

また、当メディアでは、ローバーミニのカスタムの参考になる記事を多数準備しております。ぜひご覧くださいね。

投稿者: rovin

昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。