メンテナンス

車のチョーキング現象が起きてしまう理由や防ぐ対策を紹介!

あなたは、「車の塗装がなんだか剥げてきた」「チョーキング現象が起きているのかな」と気になっているのではないでしょうか。

車は経年劣化によって、チョーキング現象が起きてしまい、塗装表面が白ぼけしたり、手に白い粉がつくでしょう。

そこで本記事では、車のチョーキング現象が起きてしまう理由防ぐ対策対処法についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、車のチョーキング現象について分かり、あなたの愛車を美しく保ち続けられるでしょう。ぜひご覧くださいね。

チョーキング現象が起きてしまう理由

ヘッドライト, グリル, ホットロッド, 筋肉の車, ベイビーブルー, 青出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/09/17/21/headlights-1130594__340.jpg

車のチョーキング現象が起きてしまうのは、以下の4つが大きな理由ですよ。

チョーキング現象が起きてしまう理由

  • 紫外線
  • 動物のフン
  • 鉄粉

特に「紫外線」や「」は塗装表面を守っているクリアー層を剥がしてしまう作用があります。

バリアの役割をしている層が剥がれてしまうことで、チョーキング現象を促進させてしまうのです。

紫外線

紫外線は塗料成分の結合を破壊してしまう影響があり、チョーキング現象特有の白ぼけを促進してしまいます。

さらに促進してしまうと、ボディ表面に塗料が浮き出て、チョークの粉のように手に付着するようになるんですよ

酸性雨や水がついたままにしてしまうのも、ボディの塗装へのダメージが起きる原因ですよ。

ボディ表面に水滴がついていると、ウォータースポットが起きて、ダメージを与えてしまいます。

動物のフン

動物のフンは、ボディについたままにしておくと、劣化を促進させてしまう原因になりますよ。

特に鳥のフンは、強い酸性なので、ボディについたままにしておくと塗装を溶かしてしまうので、速やかに掃除しておきましょう。

鉄粉

鉄工所からでてくる鉄粉や、電車と線路の摩擦によってでてくる鉄粉は、ボディへダメージを起こしてしまいますよ。

鉄粉がボディに積もっている状態にしておくと、サビが塗装表面を劣化させてしまうので、鉄粉を除去するクリーナーを使いましょう。

また、「家の近くに電車が走っている」という方は、ボディカバーなどを使って、鉄粉をつかないようにすることをオススメしますよ。

車のチョーキング現象を防ぐ5つの対策

ポルシェ, ペイント, 塗装店, 色, 新しい, クラシック, スポーツカー出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2020/03/01/07/41/porsche-4891966__340.jpg

車のチョーキング現象は以下の5つの対策を行うことで、あなたの愛車を美しく保ち続けられるでしょう。

車のチョーキング現象を防ぐ5つの対策

  • 屋根付きの駐車場に停める
  • 汚れをしっかり落とす
  • 洗車時の摩擦を極力減らす
  • ワックスやコーティングを行う
  • ボディカバーをかける 

車のチョーキング現象を防ぐには、そもそもの「汚れをつけない」ことが大事ですよ。

愛車の保管場所や保管方法について考えることで、キレイな状態で維持できるでしょう。

次の項目から、車のチョーキング現象を防ぐ対策についてお伝えしていきますね。

車のチョーキング現象を防ぐ対策①【屋根付きの駐車場に停める】

車, 自動, ドア, 取り持つ, 自動車, 反射, 渦巻き, パターン出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/13/19/55/car-2140979__340.jpg

まずはじめにお伝えする、車のチョーキング現象を防ぐ対策は、「屋根付きの駐車場に停める」ことですよ。

屋根付きの駐車場にすることで、紫外線や酸性雨をボディに当たらないようにすれば、劣化を防げるでしょう。

屋根付きの駐車場は「ガレージ」「車庫」「カーポート」がオススメです。

あなたの愛車を長く維持できる駐車場にするために、イメージトレーニングしてみるのもいいかもしれませんね。

車のチョーキング現象を防ぐ対策②【汚れをしっかり落とす】

洗車, 車, 青, 仕事, 綺麗, 洗剤, ほこり, 汚れた, フォーム出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/14/02/34/auto-1822415__340.jpg

続いてお伝えする、車のチョーキング現象を防ぐ対策は、「汚れはしっかり落とす」ことですよ。

油膜鉄粉動物のフンを落として、キレイな状態にしておけば、ボディの劣化を防げます。

「駐車場の上に電線があるな」という方は、もしかすると鳥のフンなどの汚れが付きやすいかもしれません。

フンがついたらすぐに落として、車を停める位置を変えてみてくださいね。

車のチョーキング現象を防ぐ対策③【洗車の摩擦を減らす】

車を洗う, 清掃車, 車, 洗車, クリーニング, 洗う, 綺麗, 洗浄出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/05/17/03/50/washing-car-1397382__340.jpg

3つ目にお伝えする、車のチョーキング現象を防ぐ対策は、「洗車時の摩擦を極力減らす」ことですよ。

車のチョーキング現象を防ぐこととして、汚れはしっかり落とすとお伝えしました。

しかし、同時に汚れを落とすときの摩擦をなるべく減らすことも重要なんですよ。

洗車の摩擦による小キズによってチョーキング現象を促進しかねませんので、愛車を洗うアイテムにこだわってみましょう。

車のチョーキング現象を防ぐ対策④【ワックスやコーティングをする】

マイクロファイバー, タオル, 布, 赤, 車, 洗車, 洗浄, クリーニング出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/11/02/09/27/microfiber-3789848__340.jpg

4つ目にお伝えする、車のチョーキング現象を防ぐ対策は、「ワックスやコーティングを行う」ことですよ。

汚れを落としてキレイな状態にしたら、ワックスやコーティングをすることで防汚効果が期待できるでしょう。

汚れを弾くようにしておけば、ボディの劣化を防ぐことにつながり、愛車をピカピカな状態にしておけますよ。

ちなみに、洗車をしてキレイな状態にしておけば、燃費向上にも繋がりますので、以下の記事も併せてご覧くださいね。

車のチョーキング現象を防ぐ対策⑤【ボディカバーをかける】

ガレージ, 洗車, 車, 煙, 蒸気, 水, 贅沢, 高価な, 素晴らしい出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/18/23/04/garage-1837335__340.jpg

5つ目に紹介する、車のチョーキング現象を防ぐ対策は、「ボディカバーをかける」ことですよ。

ボディカバーをかけておけば、ホコリや汚れを落とす洗車の回数を減らすことができます。

洗車の回数を減らすことで、小キズを減らしてチョーキング現象を防ぐことにも繋がるでしょう。

ボディカバーは車庫やガレージと併用することで、より効果的に車の劣化を防げますよ。

車にチョーキング現象が起きたときは、プロに塗装を依頼しよう

車, メルセデス, Slk, 自動, 輸送, デザイン, 交通機関, 贅沢出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/27/00/13/car-2176955__340.jpg

「もうすでにチョーキング現象が起きてしまっている…」という場合は、プロの方に塗装を依頼しましょう。

なかには、セルフで塗装する方もいますが、プロの方に依頼すれば、車の状態を新車並みに復活できるでしょう。

また、車に使われている塗料は年々進化しており、長持ちしやすくなっているため、より美しい状態を維持できますよ。

【まとめ】車のチョーキング現象を事前に防ごう

車, メルセデス, Slk, 自動, 輸送, デザイン, 交通機関, 贅沢出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/27/00/13/car-2176947__340.jpg

本記事では、車のチョーキング現象が起きる理由や防ぐ対策対処法についてお伝えしてきました。

チョーキング現象は、クラシックカーや旧車など、製造から時間が経っている車両に起きやすい劣化の症状です。

あなたの大切な愛車に乗り続けるためにも、日頃のお手入れを行なって、長く乗り続けてくださいね。

当メディアでは、車に長く乗り続けるために維持費を抑える方法についてお伝えしていますよ。

「古い車にずっと乗り続けたいな」という方は、以下の記事をご覧くださいね。

ABOUT ME
rovin
昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。