メンテナンス

「古い車をピカピカにしたい」オススメなアイテムを5つ紹介

あなたは「古い車をピカピカにしたい」「キレイに維持する方法が知りたいな」と思っているのではないでしょうか。

古い車の中には、製造から50年以上経過しているクラシックカーもあり、ボディのメンテナンスをこまめにする必要がありますよね。

本記事では、古い車をピカピカにしたい方にオススメな方法やアイテムについてお伝えしています。

この記事を読めば、古い車や旧車、クラシックカーをキレイな状態で維持できるコツが分かるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

古い車をピカピカにする方法

キューバの無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/12/23/23/02/cuba-3891927__340.jpg

古い車をピカピカにする方法は、以下の7つありますよ。

古い車をピカピカにする7つの方法

  • 洗車をする
  • クリーナーを使う
  • ワックスやコーティングを行う
  • 錆転換剤を使う
  • ボディカバーを使う
  • ボディのレストアをする
  • 屋根付きの駐車場に停める

特に「洗車をする」や「クリーナーを使う」などを行えば、古い車でも新車同様の輝きにすることも可能です。

また、ただ単に洗車をしたりクリーナーを使ったりするのではなく、用途に併せたアイテムを使用することが大事ですよ。

のちほど、アイテムごとの用途についてお伝えしますね。

古い車をピカピカにしたい方へオススメな5つのアイテム

車の無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/12/12/18/25/car-4691369__340.jpg

「古い車をピカピカにしたいけど、どんなアイテムを使ったらいいの?」と気になる方もいるでしょう。

古い車は新車よりも、既に劣化していたり、錆が起きやすかったりしますよ。

そのため、古い車はこまめにボディのメンテナンスが大事になります。

以下の5つは、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムですよ。次の項目から1つ1つお伝えしていきますね

古い車をピカピカしたい方にオススメな5つのアイテム

  • 洗車
  • クリーナー
  • ワックス・コーティング
  • 錆転換剤
  • ボディカバー

古い車をピカピカにしたい方へオススメなアイテム①【洗車グッズ】

まずはじめにお伝えする、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムは「洗車グッズ」ですよ。以下の3つがオススメな洗車グッズです。

オススメな洗車グッズ

  • シュアラスター ゼロシャンプー
  • ケルヒャー K5
  • 泡シャンプーノズル

シュアラスターゼロシャンプー

シュアラスターゼロシャンプーは、業界トップクラスの水切れが良い洗剤ですよ。

ゼロシャンプーは、ボディ表面についた油膜や汚れをスッキリと洗い上げてくれるめ、古い車そのものの良さを引き出してくれますよ。

また、水滴がスーッと落ちてくれるため、拭き上げる手間が減り、その後のワックスが馴染みやすくなるでしょう。

ケルヒャーK5

ケルヒャーK5は、「自分で洗車したい!」という方にはオススメな洗車グッズです。

K5を洗車に使えば、高圧洗浄により頑固や泥汚れやチリを効率的に落とすことができるでしょう。

また、古い車特有のパーツとパーツの隙間もキレイに掃除できますよ。

泡シャンプーノズル

ケルヒャーK5や、ケルヒャーの他のシリーズを所有しているなら、泡シャンプーノズルを使えば、もっと洗車が楽しくなるでしょう。

泡シャンプーノズルは、泡をボディ全体へ噴霧できるんですよ。

ボディ全体にムラなく噴霧できるため、シャンプーの摩擦を極力へらして、洗車キズを少なくできるでしょう。

古い車をピカピカにしたい方へオススメなアイテム②【クリーナー】

続いてお伝えする、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムは、「クリーナー」ですよ。

クリーナーは動物のフンや鉄粉などの、洗車では取り切れない汚れをキレイにできるアイテムです。

以下が古い車をピカピカにできるオススメなアイテムですよ。

オススメなクリーナー

  • シュアラスター ネンドクリーナー
  • シュアラスター スピリットクリーナー

シュアラスター ネンドクリーナー

シュアラスターネンドクリーナーは、ボディ表面に固着した鉄粉などをキレイに取り除けるアイテムです。

鉄粉はボディ表面に固着してしまうと、錆が起きやすくなり、急速に劣化させてしまいます。

車の保管場所の近くに電車が走っていたり、鉄工所があったりすると、鉄粉が付きやすいので覚えておきましょう。

シュアラスター スピリットクリーナー

シュアラスタースピリットクリーナーは、水垢や小キズを除去してくれるアイテムですよ。

コンパウンドが入っている薬剤なので、使用したあとはコーティングやワックスを行うことで、さらにツヤを出すことができるでしょう。

古い車をピカピカにしたい方へオススメなアイテム③【ワックス・コーティング】

3つ目にお伝えする、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムは、「ワックス・コーティング」ですよ。

ワックスは2〜3週間、コーティングだと2〜6ヶ月間の持ちが期待できますよ。

以下が、古い車をピカピカにするのにオススメなアイテムですよ。参考にしてくださいね。

オススメなワックス・コーティングアイテム

  • シュアラスター マンハッタンゴールドジュニア
  • シュアラスター ゼロプレミアム

シュアラスター マンハッタンゴールドジュニア

シュアラスターマンハッタンゴールドジュニアは、最高級カルナバ蝋を使用しているワックスです。

洗車や小石による小キズを隠してくれるだけでなく、汚れを弾いてくれる効果がありますよ。

「車の手入れが楽しみの1つ」という方は、仕上がりをもっと追求してくれるゴールドジュニアを使ってみてはいかがでしょうか。

シュアラスター ゼロプレミアム

シュアラスターゼロプレミアムは、最大で半年も効果が期待できるコーティング剤ですよ。

ゼロプレミアムはスプレーを吹きかけて拭き取るだけでコーティングが終わる、お手軽なアイテムですよ。

「ワックスをこまめにかける時間がない…」という方は、ゼロプレミアムを使ってみてはいかがでしょうか。

古い車をピカピカにしたい方へオススメなアイテム④【ボディカバー】

4つ目にお伝えする、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムは、「ボディカバー」ですよ。

ボディカバーは、ホコリやチリを車両に付かないようにできるアイテムです。

汚れ自体を車両に付かないようにすれば、洗車による小キズを減らして、美しい状態を維持できるでしょう。

また、ボディカバーを使うときは、屋根付き駐車場と併用することで、より効果的にピカピカにできますよ。

古い車をピカピカにしたい方へオススメなアイテム⑤【錆転換剤】

5つ目にお伝えする、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムは、「錆転換剤」ですよ。

錆転換剤は、すでにできてしまったサビの進行を止める役割をしてくれます。

「ドア下の水抜き穴の周りが錆びてしまっている」というときは、錆転換剤を使い、サビを抑えてみてくださいね。

古い車のレストアにかかる費用は約30~500万円

ガズの無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/03/12/16/47/gaz-3220181__340.jpg

「手っ取り早くレストアしたいけど、古い車はどのくらいの費用がかかるの?」と気になる方もいるでしょう。

古い車のレストア費用は、30~500万円かかり、車両状態によって金額が変わりますよ。

板金塗装のレストアのみであれば、約100万円の費用がかかりますので、日々のお手入れが大事なことが分かるでしょう。

屋根付きの駐車場を設置するには10〜550万円かかる

車の無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2022/06/07/07/05/car-7247634__340.jpg

古い車の美しさを保つためには、屋根付きの駐車場を設置することをオススメしますよ。

屋根付きの駐車場は10〜550万円かかり、駐車する台数によって金額が高くなります。

屋根付き駐車場の平均的な費用

  • ガレージ 100〜550万円
  • カーポート 10〜55万円
  • 木造ガレージ 400~500万円
  • ソーラーカーポート 200〜350万円

「駐車場設置費用をなんとか抑えたい」という方は、ソーラーカーポートがオススメですよ。

ソーラーカーポートは発電した電気を売電や自家消費に当てることで、年間約10万円以上の電気代を節約できるでしょう。

ソーラーカーポートについて詳しく知りたい方は、以下の記事を併せてご覧くださいね。

古い車のボディを劣化させてしまう要因

冬の無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/02/04/07/42/winter-3974119__340.jpg

古い車をピカピカにする方法やアイテムの他にも、ボディを劣化させてしまう要因を覚えておきましょう。

以下が、古い車のボディを劣化させてしまう4つの原因ですよ。

古い車のボディを劣化させてしまう4つの原因

  • 水垢
  • イオンデポジット
  • ウォータースポット

特に劣化させてしまう原因は「イオンデポジット」や「ウォータースポット」ですよ。

定期的に行う洗車の仕方によっては、美しさを維持できるかが変わってくるでしょう。

【まとめ】古い車を美しく維持して、長く乗り続けよう

Almendronの無料写真出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2021/04/19/21/28/almendron-6192503__340.jpg

本記事では、古い車をピカピカにしたい方にオススメなアイテムや方法についてお伝えしてきました。

古い車に乗り続けたい方は、憧れのクラシックカーに乗っているかもしれません。

美しく維持するためにも費用がかかりますので、併せて費用節約ができる方法を覚えておきましょう。

以下の記事に載っている、旧車の維持費を節約できる方法を使えば、年間60万円以上の費用削減が期待できますよ。併せてご覧ください。

ABOUT ME
rovin
昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。