ローバーミニ オイル交換

こんにちは

今回はローバーミニのオイル交換について書いていきます

使うものは前回のブログに書いてますので、ぜひご覧ください

再確認の為、再度書いていきます

準備するもの

・エンジンオイル

・オイル処理箱

・トルクレンチ

・24cm 六角 ソケット

・2Lのペットボトル

前回のブログにて詳しく書いてます

プロセス

①オイル交換に必要なものを準備

②オイルタンクのキャップを開ける

③オイルドレンボルトの位置の確認

④トルクレンチを準備する

⑤オイルドレンボルトをトルクレンチでゆるめる

⑥オイル処理箱のセット&オイルドレンボルトを外す

⑦オイルドレンボルト&ワッシャーをキレイにする

⑧オイルドレンボルトを取り付ける

⑨エンジンオイルをオイルタンクに入れる

①オイル交換に必要なものを準備

ローバーミニのジャッキも準備しておくとよいでしょう
なくても大丈夫

②オイルタンクのキャップを開ける

オイル交換する際は朝一のエンジンが冷えてる状態がマストです
まずはボンネットを開いて、エンジンオイルを入れるキャップを開けます
エンジンルームを開くたびに、いかにも機械詳しい人みたいになりきっちゃう
手前の黒いタンクがエンジンオイルを入れるところ
黒いキャップを外します
このはずしたところがオイルをいれるところです
オイルは抜く際はこのキャップをはずしてから抜くとスムーズに流れてくれるらしい
写真で見ると大きく見えるけど、実際はとても小さい、そうminiなのである

③オイルドレンボルトの位置を確認

オイルをぬくところはボディのフロント右側です
ちなみにrovin号はオイルタンクをまもっているガードは外してあります
ちょっと引いてここらへん
指をさしてるのがオイルドレンボルト
ここを外すと、エンジンオイルが出てくる
回す方向はボルトを正面に見て、反時計回り

④トルクレンチを準備する

オイルを抜くところ(オイルドレンボルト)を確認出来たらこいつの出番です
トルクレンチのトルクは34にしておきましょう
前回のブログで参照してみてください
使うソケットは前回説明した、24cm六角です

⑤オイルドレンボルトをトルクレンチでゆるめる

はめこみます、ぶれぶれですみません。
レンチをボルトにはめます
しっかり噛んだら、反時計回りに回してはずすので、上にあげましょう
外れる瞬間はガチッと音が鳴り、すごくゆるくなります
初めてオイル交換する方はくれぐれもけがをしないように
ガチっとなったら、いったんトルクを離してみましょう
一番怖いのは手のケガとボルトがなめること
ボルトがなめてしまうと特殊な機械を用いて、オイル交換をしなきゃならない
↑miniのお店によって、それを推奨しているところもある

⑥オイル処理箱の準備&オイルドレンボルトを外す

トルクで緩めて、手で回せるようになったら、処理箱の準備をしましょう
暗くて見えない、、、
処理箱をセットしたら指でボルトをはずしてオイルを抜きましょう
ジャッキアップで車体を傾けてあげるとオイルがぬけやすくなります
やらなくても大丈夫、こだわりです。

⑦オイルドレンボルト&ワッシャーをキレイにする

これがオイルドレンボルト、ボルトの先っちょのお灸みたいな形をしているところは、
磁気があり、エンジン内の鉄粉を集めてくれる
緑でさしてあるのはワッシャーで、オイルドレンボルトとタンクの密着性を高めてくれるもの
このワッシャーは真鍮製で、実は使い捨て
見ていただければわかると思いますが、ボルトの密着した後がくっきり
しかし、今回は低コストで仕上げたいので、やすりでコシコシして凹凸を滑らかに
ローバーミニの純正ワッシャーは市場での金額が一個500円オーバー
毎回買うのはちょっと痛手
ワッシャーの限界が来たときに向けて、サイズを測っておく
ボルトが当たっていた面、年輪のようになってますね
タンク側にあたっていた部分、まだまだキレイ
今回はこのキレイな側をボルト側にあてていきます
オイルドレンボルトもキレイにふき取っておきましょう
ほんとにお灸みたい

⑧オイルドレンボルトを取り付ける

オイルが垂れてこなくなったところでボルトをはめましょう
オイル流れきるまで30分といったところでしょうか
ボルトを締める際もトルクは34です

⑨エンジンオイルをオイルタンクに入れる

ボルトをしっかりしめたら、次はオイルを流す工程です
ペットボトルを準備しましょう
ペットボトルの先っちょをセットして~
オイルを注いでいきます、2Lペットボトルで半分よりちょい多めで、目測で1.5Lかな
ローバーミニのオイル交換は5L使うので、1.5Lを三杯入れて、残りはちょびっと入れます
今回使うオイルはGulf BLAZE 15w-50です
rovin的にオススメオイル
まずはこの量を三杯入れましょう、気を付けてほしいのはオイルを入れる際はゆっくりじっくり。
オイルの粘度が固いのか、タンクが小さいからなのか、一気に入れるとこぼれます。
二杯目まではスムーズにいくと思います
三杯目は少し気を付けて、様子を見ながら入れましょう
rovinは趣味でデザートを作ったりするんですが、オイルはカラメルのように見えるのでおいしそうに感じちゃう
おっと、よだれ。
オイルが入れ終わったら、キャップをしてエンジンをかけて10分間、暖機運転しましょう
暖機運転はしなくても大丈夫です
ここもこだわりです。
暖機運転してるだけで分かるのが、エンジンの音が軽い感じがします
↑ソムリエ気取り
10分間の暖機運転が終わったら、エンジンを止めて、オイルのキャップを開けます
大変熱いので開ける際はゆっくり開けてください
キャップを開けたら、残りの0.5Lを入れましょう
写真はちょっと多いかな
オイルを入れたら、オイル交換の全工程は終了になります
おつかれさまでした。

注意するところ

オイルドレンボルトを開ける際にやってしまった怪我
最初は不慣れだと思うので事前準備はしっかりとしましょう
軍手と長袖はマストで。

最後にrovinが工具をケチったが故の失敗を一つ。

最初に購入したのが、左の短くてトルク無しのレンチ
当時、どのくらいのレンチがいいのか分からず、安いのを買ってしまった
結果的に回らず、右のトルクレンチを購入
miniこれが証拠品
あきらかにテコの原理を無視したサイズ感
トルクレンチはマストで覚えていただいて、長ければ長いほど作業はしやすいです。

mini乗りの方から見ると、風上にもおけないような、そんなオイル交換でしたが、オイルの粘度○○w-○○を間違えないことと、トルクレンチと六角のソケットのmm数を間違えないことは絶対に守っていただきたいです

低コストですが、最低限そこは守って頂くと事故なくできますので、ご参考に。

投稿者: rovermini

Rover mini 97年式 MT🚙 仕事は美容師 趣味はキャンプ⛺️、海外旅行✈️、語学の勉強(英語、中国語、韓国語、ロシア語) 趣味を通して有益なスキルアップが出来るものが大好き 最近はブログ運営と投資について勉強中✏️