タイヤ PR

タイヤ交換を自分でやる人の割合はどのくらい?実情は…?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「タイヤ交換を自分でやる人の割合って、どのくらいいるんだろう…?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

周囲の人がタイヤ交換をどうしているのか、気になりますよね。

もしかしたら、自分でやってみたいと思う方や、既に自分でやっている方もいるかもしれません。

この記事では、自分でタイヤ交換をする人の割合を紹介した上で、その実情をお伝えします。

自分でタイヤ交換をおこなう際に必要な道具や、注意点もあわせて解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

タイヤ交換を自分でやる人の割合は?

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/23332899?title=%E5%86%AC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%97%E3%81%9F%E5%BE%8C%E3%81%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E7%B7%A0%E3%82%81%E4%BB%98%E3%81%91%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E5%86%8D%E7%82%B9%E6%A4%9C%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E6%A7%98%E5%AD%90

タイヤ交換を自分でやる人の割合は、お住まいの地域や環境など、ライフスタイルによって異なります

オートックワンが実施したアンケートによると、タイヤ交換を自分でやると答えた人の割合は、59%と半数以上を占める結果になりました。

なお、残りの41%の方は、業者やカー用品店など、プロにお願いすると回答しています。

アンケートの結果から、こまめなメンテナンスを心がけているユーザーが多いこともわかりました。

このようなアンケート結果になったのは、メンテナンス意識の高い方の回答が多かったのも、影響しているのかもしれません。

タイヤ交換を自分でやる人の割合は意外と多い?【実情は?】

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/28671692#goog_rewarded

タイヤ交換を自分でやる人のアンケート結果を見て、予想以上に多いと感じた方もいるのではないでしょうか。

お住まいの地域や環境によっては、タイヤ交換をプロの業者にお願いする人が多くなるケースも珍しくありません。

自宅の敷地にタイヤ交換ができるスペースがなかったり、安全面の懸念からプロに任せたり、理由はさまざまです。

自身でのタイヤ交換を検討の際は、あなたのニーズや状況に合わせて判断すると良いかもしれませんね。

下記の記事では、タイヤ交換ができる場所がないときの対処法を解説しています。自身でのタイヤ交換を検討中の方で、作業スペースをお探しの際は、ぜひ参考にしてみてください。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い3つの理由

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%85%90%E7%AB%A5%E5%8A%B4%E5%83%8D-%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-%E8%BB%8A-934900/

お住まいの地域やライフスタイルによって、タイヤ交換を自分でやる人の割合は変動します。

ご自身の周りに、タイヤ交換を自分でやる人が多い場合に考えられる、ユーザーのニーズを3つ紹介します。それぞれ、以下のとおりです。

タイヤ交換を自分でやる人のニーズ

  • 好きなタイミングでできる
  • 順番待ちがない
  • 自分で管理できる

上記のようなニーズがある場合は、自身でのタイヤ交換にメリットを感じるかもしれません。それぞれ、内容を確認してみましょう。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由①【好きなタイミングでできる】

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3677779?title=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E4%BA%A4%E6%8F%9B

ご自身の周りに、タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由の1つ目は「好きなタイミングでできる」ことです。

プロや業者にタイヤ交換をお願いする場合は、定休日を避けなければいけません。また、お店側の都合があることにも留意が必要です。

自分でタイヤ交換をやる場合は、このような懸念や配慮が必要ありません。休日の予定が立てづらい方にとっては、大きなメリットでしょう。

例えば、休みが不定期な職場などの場合は、自分でタイヤ交換をする人の割合が多くなるかもしれませんね。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由②【順番待ちがない】

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3711848&title=%E8%A1%8C%E5%88%97%E3%81%AB%E4%B8%A6%E3%81%B6%E4%BA%BA%E3%80%85%E3%81%AE%E8%B6%B3%E5%85%83#goog_rewarded

ご自身の周りに、タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由の2つ目は「順番待ちがない」ことです。

一般的なタイヤ交換には、30〜60分ほどの時間がかかります。業者や店舗に依頼する際、待ち時間がある場合は、さらに時間が伸びます。

とくに、連休前後や週末、シーズンタイヤの履き替え時期は注意が必要です。状況やタイミングによっては、タイヤ交換に半日潰れてしまうことがあるかもしれません。

このように、シーズンタイヤへの履き替えが必要な地域や、週末休みの人が多い場合は、タイヤ交換を自分でやる人の割合が高くなる傾向があります。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由③【自分で管理できる】

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1288885&title=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AE%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB#goog_rewarded

ご自身の周りに、タイヤ交換を自分でやる人の割合が多い理由の3つ目は「自分で管理できる」ことです。

日頃から車に乗る場合、タイヤの減り具合が気になる方は少なくありません。なお、車種やタイヤにもよりますが、一般的なタイヤの寿命は3万〜4万kmと言われています。

また、タイヤごとの摩耗の偏りを解消するために、定期的にローテーションをおこないます。とくに、FF車の場合は、FR車よりもローテーションのタイミングが早くなるケースがあります。

自分でタイヤ交換をおこなう場合は、このようなタイヤの減り具合を自身で確認したり、管理できたりするのが利点です。

自身でタイヤチェックをしたい方や、メンテナンス意識の高い方などは、自分でタイヤ交換をする人も多いでしょう。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が少ない3つの理由

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/4260811?title=%E5%BA%AD%E3%81%A7%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E4%BA%A4%E6%8F%9B

前項では、タイヤ交換を自分でやる人の割合が多くなる理由を3つお伝えしました。

続いて、周囲にタイヤ交換を自分でやる人が少なくなる状況を3つ紹介します。主な要因は、以下のとおりです。

タイヤ交換を自分でやらない理由

  • 怪我をするリスク
  • 車やタイヤが破損するリスク
  • バランスの調整が難しい

タイヤ交換の知識はあるものの、これらのリスクを懸念して、プロにお願いする方は少なくありません。

タイヤ交換を自分でやらない人が考える懸念点を、それぞれ確認してみましょう。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が少ない理由①【怪我をするリスク】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BF%AE%E7%90%86%E5%B7%A5-%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%81-%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1-%E4%BB%95%E4%BA%8B-3610147/

自身の周囲に、タイヤ交換を自分でやる人の割合が少なくなる理由の1つ目は「怪我をするリスク」を懸念する場合です。

タイヤ交換時には、ジャッキなどで車体を持ち上げて作業をおこないます。ジャッキ操作が心配な方や、作業に適したスペースがない場合は、プロにお願いするのが安全です。

「タイヤ交換は慣れれば簡単」という意見もありますが、それ以上に怪我をするリスクを回避したいと考える人は少なくありません。

仕事柄、手や指を怪我すると困る場合は、自分でタイヤ交換をやる人の割合は少なくなるでしょう。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が少ない理由②【車やタイヤが破損するリスク】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%BB%8A%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4-%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B-1317038/

自身の周囲に、タイヤ交換を自分でやる人の割合が少なくなる理由の2つ目は「車やタイヤが破損するリスク」を懸念する場合です。

車を大切に乗りたい方の中には、車体だけではなく、ホイールも綺麗にしておきたいと考える方は少なくありません。

一方で、カスタムをしている場合は、タイヤ交換が難しくなるケースがあります。慣れない作業では、車体やホイールに傷をつけてしまうかもしれません。

車体やホイールへのダメージを最小限に抑えたいと考える方が多い場合は、自分でタイヤ交換をする人の割合は少なくなるでしょう。

タイヤ交換を自分でやる人の割合が少ない理由③【バランスの調整が難しい】

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4-%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B-2291880/

自身の周囲に、タイヤ交換を自分でやる人の割合が少なくなる理由の3つ目は「バランスの調整が難しい」ことによる要因です。

タイヤ交換では、ナットの付け外しをおこないます。自分でタイヤ交換をする場合は、それぞれのナットの締め加減に注意が必要です。

ナットの締め加減が弱い場合、緩んで外れてしまう可能性があります。思わぬ事故や、トラブルにつながる可能性があるため、注意しなければいけません。

一方で、強く締めすぎた場合は、ボルト部が破損する恐れがあります。ナットの扱いに自信がない場合は、プロにお願いするのが安心です。

このような懸念から、自分でタイヤ交換をする人の割合が少なくなるケースがあります。

タイヤ交換を自分でやる際に必要な道具

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/28776881?title=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%AE%E9%81%93%E5%85%B7%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%80%80%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB#goog_rewarded

自分でタイヤを交換するためには、専用の道具が必要です。タイヤ交換に必要な工具は、主に以下の4点です。

タイヤ交換に必要な道具

  • ジャッキ
  • ジャッキスタンド
  • ナットレンチ
  • トルクレンチ

タイヤ交換をする際は、ジャッキを使用して車体を持ち上げて作業します。

また、万が一ジャッキが外れてしまった際、大事故になるのを防ぐために、ジャッキスタンドを利用しましょう。

タイヤ着脱の際は、ナットレンチでナットの付け外しをおこないます。その際、ナットを適切な加減で締めるために、トルクレンチを使用するのがおすすめですよ。

下記に、それぞれの参考商品を記載しておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイヤ交換を自分でやる際の注意点

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/28718877#goog_rewarded

タイヤ交換を自分でやる場合は、細心の注意を払っておこなってくださいね。

自身でタイヤ交換をする際の主な注意点は、以下のとおりです。

自分でタイヤ交換をする際の注意点

  • ジャッキの確認
  • タイヤの着脱時
  • ナットの締め加減

タイヤ交換の際、もっとも注意しなければいけないのが、ジャッキ中の事故です。万が一、ジャッキが外れてしまった場合、大事故につながる可能性があります。

その他、タイヤの向きや摩耗バランスにも注意が必要です。タイヤには、走行方向に合わせた溝があるため、確認して装着しましょう。

下記の記事では、タイヤ交換を業者にお願いする際の、平均的な作業時間を解説しています。あわせて、時短のコツも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ここに「タイヤ交換 時間 かかりすぎ」の記事をリンクしたいです。

【まとめ】タイヤ交換を自分でやる人の割合は参考程度に考えておこう!

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1307345?title=%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97

この記事では、タイヤ交換を自分でやる人の割合を紹介しました。

タイヤ交換を自分でやる人の割合は、お住まいの地域や、ライフスタイルによって異なります。

自分でタイヤ交換をしたいと思った際、自分でやる人の割合や周囲の状況は、参考程度に考えておくと良いかもしれません。

また、タイヤ交換を自分でやる際は、十分な作業スペースを確保した上で、細心の注意を払いながらおこなってくださいね。

下記の記事では、車内清掃のポイントを解説しています。車内清掃を業者に頼むメリットや、セルフ清掃のポイントを紹介しています。

車内の匂いが気になる方や、頑固なシミ汚れがある場合は、あわせてご覧ください。

ABOUT ME
アバター画像
ぽこ
ピアノが弾ける介護福祉士webライター。車は、性能よりも見た目に惹かれるタイプ。クラシックミニに憧れて、現在はCASTに乗ってます。愛車とのドライブが、癒しの時間。