【保存版】ローバーミニのおすすめなフォグランプステー4選

「ローバーミニにフォグランプを取り付けたい!」「取り付けパーツが欲しい」など、フォグランプステーについて知りたい方もいるのではないでしょうか。

確かに、ローバーミニ専用のフォグランプステーをショップで探すのは大変かもしれません。

今回は「ローバーミニ専用のおすすめなフォグランプステーを4つ紹介」についてご紹介していきます。

この記事を読めば、お気に入りのフォグランプを取り付けるのに必要なパーツが分かるはずです。最後まで読み進めてくださいね。

ローバーミニ専用のフォグランプステーを準備しよう

ブリティッシュ ・ レーシング グリーン, ローバー, オースティン, ミニ
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/07/19/00/02/british-racing-green-2517484__340.jpg

ローバーミニのフォグランプステーは素材や形状が異なるものがあります。

そのうえ、フォグランプステーの形状によって、取り付けられるフォグランプも変わってきます。

「気に入ったフォグランプがあったけど、取り付けられない…」なんてことにならないように、適切な形状のフォグランプステーを選びましょう。

今回、ご紹介する4つのフォグランプステーから、あなたの好みのステーを探してくださいね。

  • クラシックミニ メッキフォグランプステー
  • ミニデルタ製 ステンレスフォグランプステー
  • 純正タイプフォグランプステー(ストレート)
  • フォグ/スポットランプ ブラケット(97~ オフセットタイプ)

①【価格重視】ローバーミニのおすすめなフォグランプステー

クラシックミニ  メッキ フォグランプ ステー

はじめにご紹介するローバーミニのフォグランプステーは「クラシックミニ メッキフォグランプステー」。リーズナブルな価格が魅力的ですよ。

メッキフォグランプステーは、メッキのパーツを使っているローバーミニの雰囲気にマッチしやすいでしょう。

そのうえ、他のフォグランプステーよりも価格が抑えられているため、フォグランプの取り付けを検討している方におすすめ。

メッキフォグランプステーは、ボディとバンパーにビス止めをして固定します。大型のフォグランプを取り付ける方は使ってみてくださいね。

  • 商品名:クラシックミニ メッキフォグランプステー
  • 素材:メッキ、金属
  • 価格:一個当たり2,700円(税込)

②【サビない】ローバーミニのおすすめなフォグランプステー

2番目にご紹介するローバーミニのフォグランプステーは「ミニデルタ製 ステンレスフォグランプステー」。いつまでも美しい質感が楽しめる逸品ですよ。

ステンレスフォグランプステーは、サビないステンレス製。「長く愛用する車を大事にしたい!」という方にピッタリな商品でしょう。

また、ステンレスフォグランプステーは、インジェクションのローバーミニの場合、取付穴を空ける必要がありません。

工具を持っていて、作業に慣れている方はボルトをまわすだけで取付完了。比較的簡単に取り付けられるのは作業しやすいでしょう。

③【万能型】ローバーミニのおすすめなフォグランプステー

ローバーミニのおすすめな3つ目のフォグランプステーは「純正タイプフォグランプステー(ストレート)」。あらゆるランプをセットできるステーですよ。

純正タイプフォグランプステーは、フォグランプ・スポットランプ・ドライビングランプを取り付けられるフォグランプステーです。

マウンティングブラケットの形状をしているので、これさえあればローバーミニ用のあらゆるランプを設置できるでしょう。

また、純正タイプフォグランプステーを取り付けるためのボルト類が同梱されています。届いたらすぐに取り付けられるでしょう。

  • 商品名:マウンティングブラケット(ドライビングランプ用)XBU10044
  • 価格:一個当たり6,500円(税込)
  • 商品URL:マウンティングブラケット

④【97年式用】ローバーミニのおすすめなフォグランプステー

4番目にご紹介するローバーミニのフォグランプステーは「フォグ/スポットランプ ブラケット(97~ オフセットタイプ)」。97年式以降のミニにおすすめなステー。

フォグ/スポットランプ ブラケットは、97年以降のローバーミニ専用のブラケット形状のステーですよ。

フォグ/スポットランプ ブラケットは「ボディに穴を空けたくない」という人向けに、穴あけ作業を行わなくても取り付けができるのです。

また、フォグ/スポットランプブラケットは取り付けボルトナット付きです。すぐに設置できるようにパーツが揃っているのは嬉しいポイントですね。

ローバーミニ専用のフォグランプステーは万能タイプもある

ねじ, スレッド, 技術, ねじナット, 金属, 六角ナット, 金属糸, 腺
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/21/23/03/screw-1924173__340.jpg

ローバーミニ専用のフォグランプステーは、ブラケットタイプのものを選ぶと、3つのランプが設置可能になりますよ。

ローバーミニのブラケットタイプのステーは、フォグランプ・スポットランプ・ドライビングランプを取り付けられます。

「お気に入りのランプを見つけたけど、ステーが合わない…」という時は、ブラケットタイプのステーで設置ができるでしょう。

万能タイプのブラケットタイプは価格が7,000円以上と、やや高いです。しかし、あらゆるランプを楽しみたい方におすすめな一品ですよ。

ローバーミニのフォグランプステーの平均的な予算はどのくらい?

ドル, 通貨, お金, 私たちのドル, フランクリン
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/10/23/10/10/dollars-499481__340.jpg

ローバーミニのフォグランプステーの平均的な予算は、一個当たり2,700円~8,000円ほどの予算が必要ですよ。

フォグランプステーは使っている材質や形状によって、価格が変わってきます。

なかでも、さびにくいステンレス製のフォグランプステーだと、メッキパーツよりも4,000円以上価格が上がるでしょう。

ローバーミニにフォグランプを取り付ける予定のある方は、フォグランプステーの価格も控えておいてくださいね。

ローバーミニのフォグランプステーは自作可能

機械, 鋼, 切断, 鉄, 鉄板, 加工, 鉄板, 鉄板, 鉄板, 鉄板, 鉄板
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/09/20/15/11/machine-2768862__340.jpg

ローバーミニのフォグランプステーは、自分で鉄板を加工して使用することも可能です。

フォグランプステーはとてもシンプルな形状をしており、板金の経験がある方だと、好みの形状に作り出すことが出来ます。

「材質やステーの角度にこだわりたい」という方は、自作でステーを作るか、板金屋さんにステーの制作依頼をしてみるのもいいかもしれません。

板金作業をしたことがない方や、作業に不安のある方は、なるべく既製品のフォグランプステーを取り付けるようにしてくださいね。

ローバーミニのフォグランプステーはステンレスがおすすめ

チューブ, 鋼, 金属, ステンレス鋼, ワーク ショップ, バー, 鉄, 冶金
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/08/21/09/59/tube-898660__340.jpg

ローバーミニに取り付けるフォグランプステーは、さびにくいステンレス製のものを付けるのをおすすめ。

フォグランプステーを取り付けると、バンパー周りの凹凸が出てきてしまいがち。こまめな掃除をしておかないと、サビの原因になってしまうでしょう。

フォグランプステーも塗装面がはがれてくると、錆が進行しやすくなります。なので、サビに強いステンレス製のステーを使用してみてくださいね。

また、定期的にローバーミニの取り付け穴付近の様子を見て、錆が出てきているなら、サビ転換材を使用して錆の進行をとめておきましょう。

以下のサビ転換材を使用して、あなたの愛車を長く乗り続けてくださいね。

【まとめ】ローバーミニのフォグランプステーは必ず必要なパーツ

キーリング, ラウンド, 工芸品, ツール, ハードウェア ストア
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/11/17/00/24/ring-key-4631368__340.jpg

今回は「ローバーミニ専用のおすすめなフォグランプステーを4つ紹介」についてご紹介してきました。

ローバーミニのステーは、フォグランプを取り付けるうえで必ず必要なパーツです。

また、フォグランプの種類によっても取り付けるために必要なパーツが変わってきます。

「取り付けようとしたけど、パーツが足りなかった!」なんてことにならないように、フォグランプの形状もしっかりと確認してくださいね。

【カスタム必見】ローバーミニのフォグランプを徹底解説!

投稿者: rovin

昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。