旧車は加入できる?車両保険に入るときのポイント5選!

「旧車は車両保険に加入できない」という噂を聞いたことはありませんか。憧れの旧車を購入する予定の方は、車両保険に加入して万が一のために備えておきたいですよね。

「旧車でも車両保険に加入できるのか知りたい」「旧車でも車両保険に加入する方法を知りたい」と考える方もいるでしょう。

この記事では、旧車で車両保険に加入する際に気を付けたいことを、5つの項目に分けて解説しています。

旧車が車両保険に入りにくい理由や、加入する方法も、お伝えしています。

大切にしている車で安心して運転ができるよう、万が一に備えておきましょう。ぜひ、最後までご覧ください。

旧車が車両保険に加入しにくい理由とは?

車, ステアリング ホイール, クラシックカー, コンバーチブル
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/27/00/58/car-1544342__340.jpg

旧車が車両保険に加入しにくいと言われている理由は、車の保険料は時価で決めているからです。

車は、製造から年数が経てば価値が下がり、補償する金額も少なくなります。

車両保険の金額を決める基準は「車両価格表」を元にしており、10年以上経過した車は価値が低いと判断され、車両価格表に載らなくなります。

人気がある車でも、旧車は保険会社にとっては古い車だという評価をするのです。そのため、「旧車は車両保険に入りにくい」といわれています。

旧車の車両保険加入で気を付けたい、5つのこと

車, アウディ, 車両, オールドタイマー, F9, Ddr
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/09/11/16/47/car-1661767__340.jpg

旧車で車両保険に加入する際は、以下の5点に気を付けて検討してください。

  • 保険料が高くなる
  • 経年劣化の故障は対象外
  • 修理代が保険金額を超える
  • 保険料を使用すると負担が増える
  • 加入を断られる

日本では一般的に、車の購入から次の買い替えまでの使用年数は12年です。ですから、旧車の加入条件が難しかったり、保険料が高くなったりする傾向にあります。

次の項目から、順番に解説していきますので、そのまま読み進めてください。

旧車の車両保険加入で気を付けたいこと①【保険料が高い】

コイン, 紙幣, お金, 通貨, ファイナンス, 現金, 仕事, 経済, 銀行
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/09/19/19/coins-1726618__340.jpg

1つ目に紹介する、旧車が車両保険に加入する際に気を付けたいことは「保険料が高い」ことです。

旧車の車両保険は、補償金額に上限があり、愛車の補償を強くしようと考えた場合、年間の保険料が高くなります。

車両を補償してもらえる金額を上げると、年間10万円以上支払う可能性もあります。

車両保険に加入したい車に、どれくらいの保険料が受け取れるか確認し、検討してくださいね。

旧車の車両保険加入で気を付けたいこと②【経年劣化の故障は対象外】

自動車, ヴァン, 路地, 古い車, 故障した車, 都心
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/27/10/56/car-741721__340.jpg

2つ目に紹介する、旧車が車両保険に加入する際に気を付けたいことは「経年劣化の故障は対象外になる」ことです。

車両保険は、そもそも予期せぬ事故や故障に対して、補償します。ですから、日常的な運転による傷みが原因の故障では、補償の対象外になります。

経年劣化の故障が原因で事故が起き、修理が必要になってしまった事例では、車の補償がされたケースもあります。しかし、対象外になることも考慮しておきましょう。

旧車の車両保険加入で気を付けたいこと③【修理代が保険金額を超える】

自動車, 車のタイヤ, 車輪, リム, プロフィール, タイヤ, 車両, あえて
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/06/22/22/51/auto-818147__340.jpg

3つ目に紹介する、旧車で車両保険に加入する際に気を付けたいことは「修理代が保険金額を超えてしまう」ことです。

車両保険は、事故などが原因で、修理が必要なときに補償金がおります。しかし、古い車の評価額は低いので、補償金は少なくなります。

旧車は修理交換をするにも、パーツが手に入りにくかったり旧車を扱える整備工場を選んだりして、修理費用がかさむ可能性があります。

たとえば、事故の修理費用として車両保険を使用した場合、修理費用が50万円かかったとしても25万円しか補償されない、などです。

車両保険を使用しても、残りの25万円分は自己負担になることを、視野に入れておきましょう。

旧車の車両保険加入で気を付けたいこと④【保険を使用すると負担が増える】

サイドストライプ, 壊す, 車の故障, 高速道路, ドイツ, アスファルト
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/07/19/23/01/hard-shoulder-397395__340.jpg

4つ目に紹介する、旧車が車両保険に加入する際に気を付けたいことは「保険を使用すると負担が増える」ことです。

万が一、事故をして保険を使用した場合、保険の等級が下がり翌年からの保険料が上がってしまうため、負担が大きくなります。

保険の等級が下がると割引率が低くなり、一度等級が下がると3年間程度は高い保険料を払い続ける必要があります。

修理代が5万円でも30万円でも同じ扱いになるため、保険を使わなくても自分で賄える金額なら、車両保険を利用しない方が、保険料は抑えられるかもしれませんね。

旧車の車両保険加入で気を付けたいこと⑤【加入を断られる】

いいえ, 止まる, ネガティブ, 感情, 怒り, 欲求不満, 手, 指
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/10/14/01/42/no-987086__340.png

5つ目に紹介する、旧車が車両保険加入する際に気を付けたいことは「加入を断られる」ことです。

車は、初年度登録から12年〜15年を経過した車は、保険会社によっては加入できないところがあります。

また、高級車などは事故を起こした場合に、補償費用が高額になるため、保険会社の負担が大きくなると考えられます。

車両保険金額が1,000万以上の車や保険金を何度も請求したことがある車など、リスクの高い車は、加入を断られる可能性がありますので注意が必要です。

旧車が保険に加入する方法はある?

保険, 車, 自動車保険, 被保険者, 保護, 安全性, 保険の概念, 車両
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/01/18/23/50/insurance-1991214__340.jpg

前述したように、旧車が車両保険に加入する場合は、車の補償金額が少ない反面、修理金額は大きくなる傾向です。

車両保険から出る補償金額は、車の時価価格までですが、保険会社によっては金額を上乗せできる特約があります。

保険会社によって特約の名称や上乗せされる金額は変わりますが「約5%~10%上乗せできる」プランや「数十万円を限度に加算される」プランを、選択できるものがあります。

旧車は、インターネットの車両保険では、対応できないことが多いでしょう。しかし、憧れの旧車をできる限り大切に運転したいと考える方は、一度保険会社に問い合わせてみてくださいね。

クラシックカー専門の保険がある

旧車が車両保険に加入する手段は、特約を付ける他に、チャブ保険の「クラシックカー保険」を利用する方法がありますよ。

チャブ保険は、世界54ヵ国で利用されている世界最大級の損害保険会社で、海外でも多くのクラシックカーを取り扱っています。

クラシックカー保険は、通常の車両保険に加入することが難しい車の、市場価格・コンディション・保管状況などを考慮し、車両保険料が決められます。

クラシックカー保険に加入できる条件は以下のような車です。

  • 製造年から25年以上経過している
  • 年間走行距離5,000km以内
  • 通常走行が可能な登録車両

保険料の見積もりは、車検証や車の写真を添付するだけでできますので、気になる方は一度ホームページで確認してみてください。

【まとめ】旧車が車両保険に加入するなら費用がかかる覚悟をしよう

マシン, フェラーリ, おもちゃの車, 赤いおもちゃの車, 赤い車, 自動, 車
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/30/22/07/machine-1941670__340.jpg

この記事では、旧車が車両保険に加入する際に気を付けたいポイントを5つ紹介しました。

旧車は、車両保険に加入できないことがあります。たとえ車両保険に入れたとしても、保険料が高く付いてしまったり、補償金額だけでは車両の損失を賄えなかったりするでしょう。

保険金額を支払っているのにもかかわらず、自己負担が大きい場合は、車両保険をかけない方が費用はかからないかもしれません。

それでも、愛車を長く維持したい方は、旧車専用の特約クラシックカー保険に加入する方法がありますよ。

まずは、近くの保険会社に問い合わせてみて、自分にあっているものがないか確認してみてくださいね。

投稿者: rovin

昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。