【イタリアメーカー】フィアットのおすすめなクラシックカー7選

あなたは、「フィアットのクラシックカーについて知りたい」「500チンクエチェント以外にもオススメってあるのかな」と気になっているのではないでしょうか。

フィアットはイタリアの自動車メーカーとして、大衆車向けの車やスポーツカー、レーシングモデルなどの幅広い車を作り出してきました。

本記事では、フィアットのオススメなクラシックカーを7つご紹介していきますね。

この記事を読めば、フィアットのメーカーについて分かり、ラインナップされていたクラシックカーの魅力が分かるでしょう。最後まで読み進めてくださいね。

フィアットのオススメな「7つ」のクラシックカー

フィアット, フィアット500, 自動車, アンティークカー, 車両
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/07/07/14/03/fiat-4322521__480.jpg

フィアットのオススメなクラシックカーは、以下の7つありますよ。

  • 500チンクエチェント
  • ディーノ
  • 850スパイダー
  • 600ムルティプラ
  • パンダ
  • アバルト850TC
  • X1/9

フィアットは、ルパンの愛車として有名な「フィアット500」だけラインナップしているのではなく、そのほかにも魅力的な車がたくさんありますよ。

ちなみに、フィアットは500以外にも、50以上の車種を作り出しているメーカーでもありますよ。

50以上ある、フィアットの車種の中から厳選して紹介していくので、1つ1つ詳しくお伝えしていきますね。ぜひご覧ください。

フィアットのオススメなクラシックカー①【500チンクエチェント】

フィアット, フィアット500, 自動車, アンティークカー, 車両
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/06/25/13/06/fiat-4298163__340.jpg

1つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「500チンクエチェント」です。またの名を「500ヌォーヴォ」とも呼ばれています。

500チンクエチェントは、1957~1977年に販売されていた車両であり、クラシックミニよりもコンパクトな車ですよ。

「ルパン三世カリオストロの城」のルパンの愛車で出演したり、「ミニミニ大作戦」などの映像作品で見られます。

フィアット500チンクエチェントを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

【ルパン三世の愛車】フィアット500の5つの特徴を紹介

中古車市場では、まだまだ現存しているため、購入することができるでしょう。

フィアット500チンクエチェントのスペック
ホイールベース 1,840mm
全長 2,970mm
全幅 1,320mm
全高 1,320mm
車重 470kg
排気量 499~594㏄
最高速度 95㎞/h
馬力 18~23馬力

フィアットのオススメなクラシックカー②【ディーノ】

クラシックカー, オールドタイマー, 青, レトロカー, ロードスター
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/10/06/17/31/classic-car-2823885__340.jpg

2つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「ディーノ」です。フェラーリのエンジニアとともに作ったとされるスポーツカーですよ。

ディーノのエンジンは、エンツォ・フェラーリの長男「アルフレード・フェラーリ」がアイデアを出した、ディーノV6が積載されています。

また、ディーノV6は、その後のフェラーリのエンジン開発の先駆けとなりました。

ディーノはフェラーリに積載されているエンジンなので、フィアットの中では高額な取引がされていますよ。

フィアットディーノのスペック
ホイールベース 2,280~2,550mm
全長 4,110~4,510mm
全幅 1,700~1,710mm
全高 1,270~1,290mm
車重 1,150~1,280kg
排気量 1,987~2,418㏄
最高速度 210㎞/h
馬力 160~180馬力

フィアットのオススメなクラシックカー③【850スパイダー】

3つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「850スパイダー」です。有名デザイナーが手掛けた車ですよ。

850スパイダーは、「フォルクスワーゲンゴルフ」「ランチアデルタ」「デロリアンDMC12」を手掛けた、ジョルジェット・ジウジアーロがデザインしました。

ジウジアーロならではの、流線形が特徴的な車ですよ。まさにイタリアらしい車です。

また、850スパイダーのヘッドライトは、ランボルギーニミウラと同じパーツが使われています。細かいところがレアカーと通じているのは面白いポイントなのではないでしょうか。

フィアット850スパイダーのスペック
ホイールベース 2,030mm
全長 3,780mm
全幅 1,500mm
全高 1,220mm
車重 735kg
排気量 843~903㏄
最高速度 145㎞/h
馬力 49~52馬力

フィアットのオススメなクラシックカー④【600ムルティプラ】

フィアット, マルチプラ, アンティークカー, イタリア, ノスタルジックです
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/11/14/03/fiat-1731695__340.jpg

4つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「600ムルティプラ」です。500から派生したモデルになっているんですよ。

600ムルティプラは、全長3.5mほどしかないボディですが、最大6名乗車が可能になっています。

「まるでダンゴムシみたいだね」と見た方は感じるかもしれません。フィアット500の雰囲気を受け継ぐ、ワゴンバンとも言えるでしょう。

フィアットムルティプラのスペック
ホイールベース 2,000mm
全長 3,530mm
全幅 1,450mm
全高 1,580mm
車重 700kg
排気量 633~767㏄
最高速度 90㎞/h
馬力 21馬力

フィアットのオススメなクラシックカー⑤【パンダ】

5つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「パンダ」ですよ。

中国のマーケットを広げるために、なじみ深いパンダをネーミングしたとの噂があります。

パンダは、4WDの四駆になっており、メルセデスベンツ・ゲレンデを作成した軍用メーカー「シュタイヤープフ」が作成しました。

また、パンダのデザインは、850スパイダーと同じ「ジウジアーロ」がスタイリングしています。

丸みが特徴的なフィアットのクラシックカーの中でも、パンダはカクカクしたデザインになっています。

フィアットパンダのスペック
ホイールベース 2,160mm
全長 3,380mm
全幅 1,460mm
全高 1,445mm
車重 800kg
排気量 652~999㏄
最高速度 140㎞/h
馬力 45馬力

フィアットのオススメなクラシックカー⑥【アバルト850TC】

フィアット, アバルト, スポーツカー, イタリア語, アンティークカー
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/04/07/15/50/fiat-4110006__340.jpg

6つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「アバルト850TC」ですよ。サソリのマークがモチーフである、アバルトがチューニングした車です。

当時、アバルトは、チューニングパーツやエグゾーストシステムのメーカーとしてイタリアでは名が知られていました。

アバルトの名がさらに知れ渡ったきっかけとなったのは、こちらのアバルト850TCでもありました。

車重が約600kgしかないボディで、最高速度140㎞をマークしており、初速の伸びしろはクラシックミニよりも目を見張るほどですよ。

フィアットアバルト850TCのスペック
ホイールベース 2,000mm
全長 3,285mm
全幅 1,380mm
全高 1,405mm
車重 610kg
排気量 847㏄
最高速度 140㎞/h
馬力 53馬力

フィアットのオススメなクラシックカー⑦【X1/9】

フィアット, X1 9, スポーツSpyder, アンティークカー, クラシック
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/08/19/14/54/fiat-3616822__340.jpg

7つ目に紹介する、フィアットのオススメなクラシックカーは、「X1/9」です。こちらは、フィアット128をベースとしたスポーツスパイダーですよ。

X1/9は、「ランボルギーニカウンタック」や「ランチアストラトス」をデザインした、ヌンチェロ・ガンディーニが設計しました。

X1/9は、カウンタックやストラトスと比較してみると、デザイナーの趣向を見ることができますよ。

また、X1/9はミッドシップレイアウトになっており、運転席からエンジンの鼓動を聞くことができるでしょう。

フィアットX1/9のスペック
ホイールベース 2,202mm
全長 3,900mm
全幅 1,570mm
全高 1,170mm
車重 890~980kg
排気量 1,290~1,580㏄
最高速度 180㎞/h
馬力 66~75馬力

フィアットの市場価格について

Fiat 500, Malta, Car Show, Classic Cars
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/12/02/12/44/fiat-500-4667661__340.jpg

フィアットのクラシックカーは、近年現存数が少なくなっているため、価格が50~2000万円と高騰しています。

また、フィアットのクラシックカーの中でも特に高額帯なのは、「フィアットディーノ」です。

ディーノは、フェラーリディーノと同じプラットフォームとエンジンで構成されています。

フェラーリディーノは価格が高騰しているため、フィアットディーノも価格が高くなっているのです。

以下に、フィアットのクラシックカーの市場価格をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

フィアットの市場価格
500チンクエチェント 200~400万円
ディーノ 2000万円
850スパイダー 250~450万円
600ムルティプラ 410~500万円
パンダ 50~160万円
アバルト850TC 130~600万円
X1/9 250~300万円

【まとめ】フィアットのクラシックカーは、希少価値が高い

Cinquino, Fiat, Florence
出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/12/20/20/cinquino-1902583__340.jpg

今回は、フィアットのクラシックカーを7つご紹介してきました。

フィアットのクラシックカーは、現存数が少なくなっているため、なかなか街中でみることができないはずです。

フィアット500に至っては、製造から50年以上たっているものもあり、廃車になってしまうケースが多いです。

「乗ってみたい車があった!」「所有してみたいな」という方は、全国の旧車専門店で探してみてくださいね。

投稿者: rovin

昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。