維持費

旧車を所有するデメリット7つと、維持費について解説!

あなたは「旧車を所有したいけど、デメリットはあるのかな」「維持費はどのくらいかかるのかな」と思っているのではないでしょうか。

旧車は独特な魅力があるため、実際に所有してドライブを楽しみたいですよね。

そこで本記事では、旧車を所有するデメリット7つや、維持費についてお伝えしています。

この記事を読めば、旧車を乗るうえでかかる維持費やメンテナンスについて分かるでしょう。ぜひ参考にしてくださいね。

旧車を所有するデメリットを7つ紹介

自動車, 黒, トラクション, シトロエン, 車, 元, コレクション, 古い車出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/09/01/14/45/automobile-432873__340.jpg

旧車を所有するうえで、以下の7つのデメリットがあり、覚えておくと予想外の出来事に対策できるでしょう。

  • 維持費がかかる
  • メンテナンスの手間がかかる
  • 故障、修理が多い
  • 買い取り価格が安い
  • 購入価格が高い
  • 状態の良い車両の見極めが難しい
  • パーツが製造廃止しているものがある

旧車は現代車よりも、メンテナンス修理などの維持費がかかる傾向にあり、実際に所有してみないと分からない部分が多いです。

「好みの車に乗り始めたけど、パーツの費用が高かった…」ということも考えられるでしょう。

次の項目から、旧車のデメリットについて1つ1つ詳しくお伝えしていきますね。

旧車のデメリット①【年間20万円以上の維持費がかかる】

シトロエン, 6友人, 車, 自動車, 車両, レトロ, トランスポート出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/05/29/08/17/citroen-4236906__340.jpg

まず始めにお伝えする、旧車のデメリットは、「維持費が年間20万円以上かかる」ところですよ。

旧車は新車よりも、税金やメンテナンスにかかる費用が多く、年間20万円以上の維持費がかかるんです。

維持費がかかる理由

  • 自動車税の重課
  • 重量税の重課
  • パーツ交換費用
  • 車検費用
  • 自動車保険
  • メンテナンス費用

特にかかる部分は「自動車税の重課」「重量税の重課」です。

自動車税の重課

新車から13年経過すると、約15%の重課がされるため、旧車は自動車税を多く払う必要がありますよ。

自動車税の重課率(※)
排気量 新車~13年未満 新車から13年以上経過
1000㏄以下 29,500円 33,900円
1000~1500㏄以下 34,500円 39,600円
1501~2000㏄以下 39,500円 45,400円
2001~2500㏄以下 45,000円 51,700円
2501~3000㏄以下 51,000円 59,000円
3001~3500㏄以下 58,000円 66,700円
3501~4000㏄以下 66,500円 79,400円
4001~4500㏄以下 76,500円 87,900円
4501~6000㏄以下 88,000円 101,200円
6000㏄越え 111,000円 127,600円

排気量が多いアメリカンクラシックカーを所有している方は、新車・低排気量の車よりも自動車税の負担が多くなるため、注意しておきましょう。

(※)出典:ZURICH-自動車税は13年を超えると高くなる?10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課 より

重量税の重課

重量税の重課は、13年経過(+39%)18年経過(+54%)ごとに増えていくため、覚えておきましょう。

重量税の重課率(※)
  エコカー 新車 13年経過 18年経過
~0.5t未満 5,000円 8,200円 11,400円 12,600円
0.6~1.0t未満 10,000円 16,400円 22,800円 25,200円
1.1~1.5t未満 15,000円 24,600円 34,200円 37,800円
1.6~2.0t未満 20,000円 32,800円 45,600円 50,400円
2.1~2.5t未満 25,000円 41,000円 57,000円 63,000円
2.6~3.0t未満 30,000円 49,200円 68,400円 75,600円

また、重量税は2年に1回の車検ごとに支払いますので、どのくらいの費用になるのかを事前に計算しましょう。

(※)出典:ラクのりIDEX-【車と税金】長く乗ると損をする?自動車重量税の仕組みを徹底解説 より

旧車のデメリット②【メンテナンスの手間がかかる】

車のエンジン, モーター, エンジン, 車両, 自動, 自動車, メカニック出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/10/13/17/39/car-engine-1738369__340.jpg

続いてお伝えする、旧車のデメリットは、「メンテナンスの手間がかかる」ところですよ。

旧車は新車・現代車よりも、構造やパーツが古いため、メンテナンスの種類や頻度が変わりますよ。

もしかすると、現代車にも通じる部分もありますが、旧車の場合は特にこまめにメンテナンスすることが長く乗り続けることにつながるでしょう。

  • オイル交換       3,000~5,000㎞に1回
  • オイルエレメント交換  6,000~10,000㎞に1回
  • オイルゲージチェック  半月~1か月に1回       
  • タイヤ組み換え     メーカー推奨頻度で交換
  • タイヤ空気圧チェック  1か月に1回
  • クーラント液補充    半月~1か月に1回

旧車のデメリット③【故障、修理が多い】

アンティークカー, 自動車, ルノー, カラベル, ビンテージ車自動車出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/07/23/17/47/oldtimer-1537236__340.jpg

3つ目に紹介する、旧車のデメリットは、「故障・修理が多い」ところですよ。

旧車の中で故障や修理する部位は、以下の3つがあげられるでしょう。

故障・修理が多い理由

  • 電気系統
  • 足回り関連
  • エンジン回り

電気系統

旧車の電気系統は、湿気空気中の塩分などによって、接続部分の劣化が進み、腐食が起きやすくなっています。

場合によっては、エンジンスターターやエアコン、パワーウィンドウが故障してしまい、反応しなくなるんですよ。

足回り関連

旧車の足回りは、ショックアブソーバーコイルスプリングなどの衝撃吸収パーツが古くなっている可能性がありますよ。

欧州の旧車では、アッパーマウントやサスペンションブッシュなどのゴム類は比較的早く劣化が進んでいくでしょう。

エンジン回り

旧車のエンジン回りの故障の原因は、「エンジンオイル」の減少が大半を占めていると言われています。

エンジン内のオイルが不足していると、パーツ同士の摩擦により故障につながりかねませんので、オイルゲージのチェックはこまめに行ないましょう。

旧車のデメリット④【買い取り価格が安い】

ビンテージ車, クラシックカー, プラットホーム, ヴィンテージカー出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2021/10/07/08/03/vintage-car-6687789__340.jpg

4つ目に紹介する、旧車のデメリットは、「売却するときの買取価格が安い」ところです。

買い取り業者のよっては、査定額が低く見積もられる場合がありますよ。

「買ったときは200万だったけど、30万円の買い取り額だった」という方も少なくありません。

万が一、旧車を売却するときは、クラシックカーの特別な知識を持っている専門店に見積もり依頼をすることをオススメしますよ。

旧車のデメリット⑤【購入価格が高い】

車, クラシック, 車両, 交通機関, クロム, ヘッドライト, ドライブ出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/29/03/46/car-3359020__340.jpg

5つ目にお伝えする、旧車のデメリットは、「車両購入価格が高い」ところですよ。

旧車は現代車よりも専門的な知識をもとに、メンテナンスを行ってから販売されています。

「クラシックカーで中古車だけど、軽の新車と同じ300万円だった」なんてこともあるでしょう。

そのため、これから旧車に乗る方は、車両購入費用を事前に調べておくことをオススメしますよ。

旧車のデメリット⑥【状態の良い車両の見極めが難しい】

アンティークカー, ラリーのヴィンテージ車, 車, モト, 自動車, 趣味出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/07/18/18/54/antique-auto-4347063__340.jpg

6つ目に紹介する、旧車のデメリットは、「状態の良い車両を見極めることが難しい」ところですよ。

初めて旧車を乗る方からすると、状態の良し悪しが見極めることが難しいため、どの車両がベストなのか分からなくなるでしょう。

場合によっては、劣化した車両を高額料金でぼったくりに遭うケースも少なくありません。

あなた好みの旧車を探すときは、求めるメーカーや車種の専門店で良い状態の車両を探してもらいましょう。

旧車のデメリット⑦【パーツが製造廃止しているものがある】

クライスラー, クラシックカー, ビンテージ車, 車, 車両, 自動車, 街出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2021/09/13/15/19/chrysler-6621669__340.jpg

最後にお伝えする、旧車のデメリットは、「車両のパーツが製造廃止しているものがある」ところですよ。

あなたの好みの旧車によっては、パーツが製造廃止になっている個体もあるでしょう。

クラシックミニなどの人気な旧車は、専門店数も多く、パーツは自社制作されているケースもあります。

「乗り始めるとして、故障した時が不安だな」という方は、近くに修理できる専門店がないかリサーチすることをオススメしますよ。

【まとめ】旧車の維持費を抑える方法を利用しよう

車, 車両, トランスポート, モーター, ホイール出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2018/01/09/22/42/car-3072683__340.jpg

本記事では、旧車を所有するデメリット7つや、維持費について詳しくお伝えしてきました。

「旧車は維持費がかかる」イメージがありますが、費用を節約できる方法を使えば、年間60万円以上抑えることができますよ。

年間60万円以上の維持費節約方法

  • 自動車保険の見直し
  • 駐車場の料金を見直す
  • セルフメンテナンスをする
  • 自宅のスペースを貸し出す
  • 車両をシェアリングする
  • ソーラーカーポートを導入する
  • 定期的に専門店でメンテナンス

「旧車はお金がかかるけど、どうしてもハコスカに乗りたい!」という方は、上記の節約方法を利用してみましょう。

以下の記事にて、節約方法を1つ1つ紹介していますので、参考にしてくださいね。

ABOUT ME
rovin
昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。