自動車税

一時抹消登録をすると自動車税はどうなる?手続き方法も解説

長期間運転しない車を一時抹消登録をすると、自動車税が還付されるという話を聞いたことはありませんか?

一時抹消登録は、一時的に車を運転しないときに行う手続きです。しかし、自動車税が安くなると聞いていても「手続き方法は?」「どれくらい安くなるの?」と疑問を持つ方もいるでしょう。

本記事では、一時抹消登録をするタイミングや手続き方法具体的な還付金額の事例を紹介します。

一時登録抹消の手続きをすれば、年間の自動車税が減少し、少しぜいたくな旅行ができるかもしれません。ぜひ、検討してみてください。

自動車の一時抹消登録するときはどんなとき?

オースティンHealey, アンティーク車, 自動車, 車両, アンティークカー出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2021/08/02/20/51/austin-healey-6517862__340.png

自動車の一時抹消登録をすると、公道が走れなくなります。主に、次のような理由で一時抹消登録をすることが多いでしょう。

一時抹消登録を申請する場面

  • 長期の海外出張
  • 長期入院
  • 車が盗難されたとき

車を所有している方は、自動車税を支払う義務があります。一時抹消手続きをしておけば税金は非課税になり、支払った分の自動車税は還付されます。

自動車を使用しない期間によっては、数万円の節約ができる可能性もあります。今後運転する予定がない場合は、1度手続きしてみると良いでしょう。

一時抹消登録したときに自動車税はどうなる?

税金, 税務署, 納税申告, 形, 所得税申告, 所得税, 富, ファイナンス出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/02/23/20/12/taxes-646512__340.jpg

自動車税は、4月から翌年の3月までの1年分を5月に納付しています。一時抹消登録をした自動車は、自動車税の支払い義務はなくなるため、すでに納めた税金の還付を受けられます。

しかし、もともと負担税率が考慮されている軽自動車は、月割り制度がないため還付が受けられません。

一時抹消登録をして自動車税の還付が受けられるのは、普通自動車だけなので、注意が必要です。

長い期間運転していない車を廃車にしようか迷っている方は、自動車税の還付が受けられます。ですから、一時抹消登録の手続きをすることがオススメです。

一時抹消登録をすると自動車税はどのくらい抑えられるのか

ユーロ, 思われる, お金, ファイナンス, 貯金箱, 節約する, セント出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/08/01/21/03/euro-870757__340.jpg

一時抹消登録をすると具体的に自動車税はどのくらいの金額が抑えられるのか気になる方もいるでしょう。

下の表は、排気量が2001~3000㏄の普通自動車(セダン)の自動車税をまとめています。表を見ると、約40,000円以上の税金を一時抹消登録によって節約できると分かるでしょう。

排気量(㏄)

新規登録から13年未満

新規登録から13年以上

2001~2500

約45,000円

約51,700円

2501~3000

約51,000円

約58,600円

参考:ZURICH|13年経過で自動車税は高くなる?13年超の早見表

新規登録から13年以上経過している車の自動車税は、15%も重課されます。ですから古い車であるほど一時抹消登録をしておくと自動車税の節約になるでしょう。

自動車税は、毎年4月1日時点で自動車を所有している方に支払い義務が生じます。古い車で廃車にしようと考えている方は、永久抹消登録を考えてみても良いかもしれせん。

一時抹消登録と永久抹消登録の違い

電卓, 計算, 保険, ファイナンス, 会計, ペン, 投資, オフィス, 仕事出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2016/09/19/18/30/calculator-1680905__340.jpg

一時抹消登録のほかに永久抹消登録というものがあります。一時抹消登録は、一時的に車に乗らないときに届けるものに対して、永久抹消登録は、解体処分や中古車販売をするときにする手続きです。

永久抹消登録をすると自動車税だけでなく「自動車重量税」の還付も受けられます。今後、車を手放そうかと考えている方は、永久抹消登録をすると良いかもしれません。

ただし、重量税が還付され維持費が減少するものの、まだ自動車を運転しようか迷っている方は、永久抹消登録をすると再登録ができないため注意が必要です。

一時抹消登録した車はいつ自動車税が還付される?

所得税, 電卓, 会計, 金融, 事務処理, 税, ファイナンス, 税金出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/04/02/09/27/income-tax-4097292__340.jpg

一時抹消登録をした車の自動車税が還付されるのは、一時抹消登録の手続きが完了してから約2~3カ月かかります。

また、還付される自動車税は、一時抹消手続きが完了した翌月から翌年3月までの分が該当します。

たとえば、一時抹消手続きの完了が7月で自動車税が45,800円だとすると約29,000円還付されます。

還付金の受け取り方法は、郵便局や銀行の窓口で受け取る方法と口座振り込みをしてもらう方法があります。

郵便局の場合は自宅に「振替払出証書」が、銀行の場合は「送金支払通知書」が自宅へ送られます。窓口で受け取る方は、通知書等と本人確認書類・印鑑が必要です。

抹消手続きの際に銀行振込を選択することも可能です。しかし、都道府県によっては、ネット銀行に対応していない場合があるため、確認しておきましょう。

一時抹消登録した車の自動車税以外に還付されるもの

コイン, お金, ルーブル, 給料, 地図, 賄賂, 税金, 腐敗, 政治出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/10/16/08/46/coins-990693__340.jpg

一時抹消登録をした車は、自動車税以外に次のようなものの還付が受けられます。

一時抹消登録をした後に自動車税以外に還付されるもの

  • 自賠責保険
  • 任意保険

自動車税は、一時抹消登録の手続きが完了した時点で陸運局から自動的に、都道府県の税事務所へ連絡が届きます。

しかし、自賠責保険や任意保険は自分で保険会社に連絡し、解約手続きが必要です。解約には一時抹消登録証明書のほか必要な書類などがあるため、確認しておきましょう。

また、保険金の返金には保険の有効期間までを月割り計算をします。解約した日から計算するため、早めの手続きがオススメです。

次の項目から、一時抹消登録の手続き方法を普通自動車と軽自動車にわけて解説します。

一時抹消登録の手続き方法①【普通自動車】

不動産, 住宅ローン債, ハウスの販売, 不動産業者, 節約, 住宅ローン契約出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2017/03/22/12/45/real-estate-2164882__340.jpg

普通自動車の一時抹消登録手続きは、陸運局の窓口で行います。

次のような書類などが必要になるため、準備しておきましょう。

一時抹消登録の手続きに必要なもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 印鑑証明書
  • 実印

手数料納付書は、一時抹消登録の手続きの手数料を支払う際に必要になる書類です。収入印紙(約350円)を貼り付け、申請します。手数料納付書は陸運局で入手できますよ。

自動車の一時抹消登録は、本人以外の方でも手続きが可能です。その際は、委任状が必要になるため、準備しておきましょう。

一時抹消登録の手続き方法②【軽自動車】

ビジネス, 契約, 連絡先, 固い, 資料, オフィス, 結論, ミーティング出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2020/03/12/16/54/business-4925687__340.jpg

軽自動車を一時抹消する際は、軽自動車検査協会で行います。手続きには、次の4点を準備しておきましょう。

軽自動車の一時抹消登録に必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート2枚
  • 自動車検査証返納届出書(軽第4号様式)
  • 印鑑

「自動車検査証返納届出書」と「軽自動車税申告書」は窓口で手にいれることが可能です。書類と手数料350円を支払い「自動車検査証返納証明書」が発行されれば完了です。

軽自動車の一時抹消登録の手続きは、本人以外でも可能です。代理で手続きする場合は、委任状(車の所有者の印鑑が押されたもの)が必要です。

一時抹消登録をした車を再登録するには

電卓, 税務書類, 残念, ポーランドの税務書類出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/06/14/06/40/calculator-4272980__340.png

一時抹消登録をした車を再登録するためには、普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会で「中古新規手続き」をすれば、再び公道を走れます。

中古新規手続きの際は、次の5点を準備しておきましょう。

中古車新規手続きに必要な5つの準備物

  • 登録識別情報通知書
  • 保安基準に適合していることを証明できる書類
  • 印鑑証明書(3カ月以内のもの)
  • 実印
  • 車庫証明書(40日以内のもの)

中古新規手続きは、委任状があれば本人以外の手続きも可能です。また、登録識別情報通知書とは「一時抹消登録証明書」とも呼ばれています。

保安基準に適合している書類は、具体的には「自動車検査票」もしくは「自動車予備検査証」「保安基準適合証」のいずれかです。

中古新規手続きをする前には、車庫証明と自賠責保険の加入が必要です。また公道を運転するためには、仮ナンバーを使用し車検に合格しなければなりません。

また、中古新規手続きの際は、自動車検査登録印紙代約700円が必要です。ほか、検査手数料が普通車で約2,100円と交付手数料1,760円(一般ナンバーの場合)保安基準適合書の約1,200円の合計5,760円を準備しておきましょう。

希望ナンバーや字光式などにすると、別途費用が必要です。

一時抹消登録後に再登録したら、月割で自動車税の支払が「5月」に発生する

フィアット500, 自動車, 木, アンティーク車, 車両, クラシック出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2019/07/07/14/03/fiat-500-4322521__340.jpg

一時抹消登録後に再登録をした場合、自動車税はどのくらいの金額を納付すれば良いか疑問を持つかもしれません。

自動車税は、4月1日時点で車を所有している方に課税されます。年度の途中で新規登録された場合「新規登録をした月の翌月から3月まで」の料金が月割りで計算されます。

たとえば、3000㏄の普通車を7月に車を購入した場合、翌月8月から翌年3月までの8カ月分29,100円を支払います。

ただし、軽自動車には月割りはありません。しかし、4月2日以降の購入時期が早ければ1年分の軽自動車税が節約できます。

軽自動車を購入する際は、時期を考慮しても良いかもしれません。

参考:自動車税の月割りってどのくらい?

一時抹消登録をする際の注意点

車, クラシック, 自動車, 交通機関, 車両, ビンテージ, レトロ, 自動出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2015/07/30/11/04/car-867231__340.jpg

自宅に長期間運転していない自動車がある方は、一時抹消登録をすることがオススメです。一時抹消登録をする際は、普通自動車しか自動車税が還付されないため、注意が必要です。

しかし、自動車税のほかにも自賠責保険や任意保険の還付もできるため、長期で運転しない予定の方は、前もって手続きしておくと良いでしょう。

中古新規手続きをすれば再度運転することも可能です。一時抹消登録をした際に発行された登録識別番号通知書(一時抹消登録証明書)を紛失すると、基本的に再発行はされません。紛失すると手続きができなくなるため、大切に保管しておくことが大切です。

車を廃車したいと考えている方は、自動車税や保険代だけでなく、重量税や駐車場代などの節約もできます。ただし、一度永久抹消登録をすると再登録はできなくなります

【まとめ】一時抹消登録をすれば自動車税の還付が受けられる

コルベット, 車, 自動, 自動車, トラベル, 交通機関, クラシック, お店出典:https://cdn.pixabay.com/photo/2014/07/21/15/22/corvette-398687__340.jpg

この記事では、自動車の一時抹消登録をした際の自動車税について解説しました。一時抹消登録は、長期出張や入院などで車を使用しないときに行います。

一時抹消登録をしておくと、登録が完了した翌月から翌年の3月分までに支払った自動車税の還付が受けられます。

自宅に運転していない車がある方は、再度運転することも考えて、一時抹消登録をすることがオススメです。再度運転する際は、中古新規手続きをしましょう。

自動車税だけでなく自賠責保険や任意保険代の節約も可能です。年間数万円の節約ができるため、浮いた分で少しぜいたくな旅行をしてみても良いかもしれませんね。

「一時抹消登録のほかに、車の維持費を抑える方法がないのかな」と気になる方は、以下の記事を併せてご覧くださいね。

ABOUT ME
rovin
昼間は美容師、夜はブロガー兼webライター。 ローバーミニ・クラシックミニ・旧車にまつわるブログを運営。 ツイッターにて、珍しい旧車の投稿を見るのが楽しみ。